こんにちは。週刊ジャーニー編集部です。
美しき廃墟 コーフェ城をぶら歩きしました。
日本でいう清教徒革命の最中、議会派によって占拠、爆破されて廃墟となったコーフェ城ですが、破壊のされ方が微妙だったため、むしろ芸術的な廃墟となりました。ここから20分ほどドライブするとアラビアのローレンスこと、TE ローレンスが最後に住んだ家「クラウズヒル」、戦車のコレクションでは世界最大規模を誇る「ボビントン・タンクミュージアム」があり、さらに文豪トーマス・ハーディの生家や晩年に過ごした家も至近なため、個人的によく訪れます。ロンドンからは車で2時間半ですが、一日たっぷり堪能できるルートです。

YouTube動画 ©Japan Journals Ltd.