Touching the Void

タッチング・ザ・ヴォイド

英登山家、ジョー・シンプソンの同名の自伝で、2003年に「運命を分けたザイル」として映画にもなった作品の舞台版。アンデス山脈の前人未踏のルートに挑んだジョーとサイモンは、困難の末登頂に成功するものの、下山の際にジョーが滑落し骨折してしまう。雪山での大怪我は、直接「死」を意味する現状に言葉を失う2人だったが、サイモンは互いの体をザイルで結び、無謀な単独救出を試みる。

11月9日(土)~2020年2月29日(土)
Duke of York's Theatre
45 St Martin's Lane, WC2N 4BG
最寄り駅: Charing Cross
月~土: 午後7時30分
水、土:午後2時30分
チケット: £15~ £75
www.atgtickets.com

週刊ジャーニー No.1110(2019年10月31日)掲載

イベント一覧に戻る