シアター

Aspects of Love

アスペクツ・オブ・ラブ

英作家デイヴィッド・ガーネットの同名小説を基にしたミュージカルが、1989年の初演から30年の節目となる2019年に、ロンドンで再演される。1947年のフランスを舞台に、「Love Changes Everything」「Seeing is Believing」など、英作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーによる有名な曲とともに、大学生と女優のままならない恋の行方を描く。
2019年1月7日(月)~2月9日(土)
www.southwarkplayhouse.co.uk
Southwark Playhouse
77-85 Newington Causeway, SE1 6BD
最寄駅: Borough
月~土:午後7時30分
火、土:午後3時
チケット: £27.50

週刊ジャーニー No.1066(2018年12月20日)掲載