La Traviata

椿姫

© ROH

19世紀のフランス人作家アレクサンドル・デュマ・フィスによる小説「椿姫」をもとに、ジュセッペ・ヴェルディが作曲した「ラ・トラヴィアータ(堕落した女)」が上演される。「アイーダ」「リゴット」ほか、数々のオペラを制作し、『オペラ王』の異名を持つ巨匠の代表作ともいえる本作は、高級娼婦ヴィオレッタと若き貴族アルフレードの悲恋を描いた3幕からなるオペラ。悲劇的なストーリーながらも、ヴェルディの真骨頂である華やかさや明るさ、力強さが打ち出された傑作をご堪能あれ。

12月17日(火)~2020年3月23日(月)
Royal Opera House
Bow Street, WC2E 9DD
最寄り駅: Covent Garden
昼12時、午後7時
チケット: £11 ~ £225
www.roh.org.uk

週刊ジャーニー No.1116(2019年12月12日)掲載

イベント一覧に戻る