ミュージカル

Can-Can!

カン・カン!

1890年代、ムーラン・ルージュに代表されるパリのキャバレーで一世を風靡したダンス、フレンチ・カンカンを題材にしたミュージカルが上演中。スカートを捲り上げて巧みに操りながら、ペチコートや黒ストッキングを露わにする踊りは、当時のパリ市民を興奮させる一方、呆れさせた。フレンチ・カンカンの作曲家として知られるジャック・オッフェンバックやフランツ・レハールらの曲のアレンジにのせ、踊り子たちの悲哀を描く。
3月9日(土)まで
Union Theatre
Old Union Arches, 229 Union Street, SE1 0LR
最寄駅:Southwark
火~土:午後7時30分
土、日:午後2時30分
チケット: £22.50
www.uniontheatre.biz

週刊ジャーニー No.1072(2019年2月2日)掲載