ギャラリー

Visions and Visionaries

ヴィジョンズ・アンド・ヴィジョナリーズ

© City of London Corporation

ロセッティやミレーに代表されるラファエル前派から、ジョン・ラサムらのコンセプチュアル・アートを経て、ターナー賞受賞者のグレイソン・ペリーらの現代アートへと行き着いた英国美術の変遷をテーマにしたイベント。各ムーヴメントの作品展示を行うとともに、伝統的な手法にイマジネーションを加え、さらに人間の本質を描写するに至った過程を考察する。
4月28日(日)まで
Guildhall Art Gallery
Gresham Street, EC2V 5AE
最寄駅:Chancery Lane
月~土:午前10時~午後5時
日:昼12時~午後4時
入場無料
www.cityoflondon.gov.uk

週刊ジャーニー No.1072(2019年2月2日)掲載