Culture Under Attack

カルチャー・アンダー・アタック

John SInger Sargent, A Street in Arras, 1918 © IWM

帝国戦争博物館で開催されているエキシビション。「What Remains」「Art in Exile」「Rebel Sounds」の3つのカテゴリーに分け、戦争の正体をあぶり出すエキシビション。「爆撃で破壊された建物などが攻撃された理由や、その後の再生」「避難させるアートとして選ばれた作品の選出基準」、「禁じられていた敵国の音楽」などを写真や資料、トークで振り返る。

7月5日(金)~2020年1月5日(日)
Imperial War Museum
Lambeth Road, SE1 6HZ
最寄駅: Lambeth North 月~日:午前10時~午後6時
入場無料
www.iwm.org.uk

週刊ジャーニー No.1092(2019年6月27日)掲載

イベント一覧に戻る