エキシビション

The Last Tsar: Blood and Revolution

ザ・ラスト・ツァーリ:ブラッド・アンド・レヴォリューション

L: Tsar Nicholas and Tsarina, with children, 1913 © Universal History Archive,UIG,SSPL
R: Tsarina's Emerald cross, 1918 © Russian History Foundation

ロシア、ロマノフ朝最後の皇帝、ニコライ2世とその家族に焦点をあてたエキシビション。1918年7月17日、革命の最中に皇帝一家が虐殺されて今年で100年。1900年~1918年の一家の様子を写した写真や、激動の時代を生々しく伝える書類などを公開。また、アレクセイ皇太子の血友病が、結果として医学の発展にどのように寄与したかも検証する。
2019年3月24日(日)まで
www.sciencemuseum.org.uk
Science Museum
Exhibition Road, SW7 2DD
最寄駅: South Kensington
月~日:午前10時~午後6時
入場無料(要予約)

週刊ジャーニー No.1063(2018年11月29日)掲載