風に揺れる

春フリル

 

 

左=3/4 Sleeve Ruffle Long Dress 4,395ポンド www.alexandermcqueen.com
右上=See By Chloe Frill-detail Silk Top 285ポンド www.selfridges.com
右下=Midnight RuffleBootie 555ポンド http://j-w-anderson.com

■冷え込みは続くものの、日一日と日が長くなり、木々の芽吹きに春の訪れを間近に感じる今の季節。フリルを取り入れた春らしいフェミニンなファッションが、街にあふれている。

フリルの流行と聞いて「ぶりっ子女子みたいで自分のイメージには合わないな…」と嘆いてしまいそうになったが、一様にフリルといっても、デザインは多様。これでもかというほどフリルを施したドレスから、シフォンやオーガンジーといった軽やかで透ける素材でフリルの存在感を前面に押し出したもの、袖口や襟元にさりげなくあしらった落ち着いた大人の女性に似合いそうなもの、70年代風のボヘミアン・スタイルまで、あらゆる女性の好みに合わせたデザインが店頭を彩るので、自分に似合ったものがきっと見つかりそう。
パリのデザイナー、イザベル・マランは春夏コレクションで、シックな黒のフリルを中心に、インドの伝統的刺繍を取り入れたシャツやスカートを発表。一見、相反しそうなエスニック調とフリルを絶妙なバランスで融合させた。
英国を代表するブランド、アレキサンダー・マックイーンの春夏コレクションは、フリル一色といってもいいほど。全身にフリルを配したピンクやアイボリーのロマンチックなドレスはまるで「サザン・ベル」(Southern Belle、南部美人。19世紀の米国南部で理想とされた保守的で慎みのある婦人像。映画『風と共に去りぬ』の主人公で、南部美人の象徴であるスカーレット・オハラも、劇中でフリルのドレスを身に着けている)のようで、着る人を選びそう…。同ブランドのフリル熱は秋まで続き、秋のプレ・コレクションでは、ポイントにフリルをあしらいつつ、季節に合わせたぐっとダークな色合いに変化。こちらは春夏コレクションの表情から一変し、夜のパーティーに映えそうなドレスを多く発表した。
Mango、Zara、H&Mといったハイ・ストリート・ブランドもこの流れに追随しているが、こちらはフリルが控えめにあしらわれたトップや、裾にフリルを施したボトムスなど、『フリフリ』しすぎず、普段着として活躍してくれそうなものが多くありがたい。
筆者のようにフリルにためらいがある人は、スカーフやバッグ、靴などの小物で取り入れてみるのもトレンド感が出ていいかも。この春はフリルと共に軽やかな風を身にまとってみては?
(文/ネイサン弘子)

 

 

 

Ruffled Top 39.99ポンド
http://shop.mango.com

Wide Blouse With A Frill
29.99ポンド
www2.hm.com

Skirt With Mini Frill 29.99ポンド
www.zara.com

 

Ruffle Top 25.99ポンド
http://shop.mango.com

Ruffled Dress 44.99ポンド
http://shop.mango.com

Polly Frilled T-Shirt 35ポンド
www.frenchconnection.com