ケールを超えるスーパーフード!?

海藻《Seaweed》

 

 


マークス&スペンサーの「Quinoa & Edamame Soybean Salad」(2ポンド)。
栄養満点の雑穀・キヌアとみじん切りのわかめが大量に入ったサラダ。
ショウガの効いたしょう油ベースのドレッシングなので、和食の副菜にもピッタリ。
 

 

我々日本人になじみ深い「海藻 Seaweed」が、ケールやチア・シードなどに次ぐ
スーパーフードとして今熱い視線を浴びている。健康志向のフード・ショップやスーパーでも
取り扱いが増え、セレブ・シェフたちの大のお気に入り食材となっている。
ブームの現状を探ってみることにした。

 

海苔やわかめ、昆布、ひじきなど、日本人ならば、当たり前のように食べてきた海藻類。筆者も子供の頃、「海藻を食べると髪が綺麗になるよ」と母にいわれ、わかめのような「緑の黒髪」を思い浮かべながらみそ汁をすすっていたことを思い出す。
一方、英国で「Seaweed」といえば、海岸で生臭い臭いを放ちながら、砂やゴミまみれで散乱するやっかい者とされ、使い道といえば、子供たちが砂で作った人魚の髪の毛程度の存在だった。それが一転、ミネラル豊富なスーパーフードとして、その評価はうなぎのぼり!
近頃ダイエットに成功し、スッキリした姿で公の場に登場したセレブ・シェフのジェイミー・オリバー氏。その痩せぶりはニュースになったほどだが、減量の秘訣のひとつが海藻なのだとか。ローカロリーでビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維などがたっぷり含まれるだけでなく、お腹の中で膨れるので、満腹感も得られやすいという、まさにダイエットにも理想的な食材である海藻を上手に活用したことで見事に成功させたという同氏。最近放送されたテレビ番組「Jamie's Super Food」の中で、100歳まで生きるための14の「ヒーロー・フード」のひとつとして海藻をあげている。
英国で海藻をオンライン販売している「アトランティック・キッチン」(http://atlantickitchen.co.uk)のウェブサイトでは、「わかめはスープ、サラダ、スムージーにと、ほうれん草と同じように使えば簡単」と紹介。一番のおすすめはヌードル状の細長い海藻「Sea Spaghetti」(別名Thongweed)。こちらはパスタとまったく同じ調理法で食せばいいのだとか。確かに見た目はイカスミのパスタに見えなくもない。同社の海藻はオンライン・ショップの他、「オカド」、「ホールフーズ」、「プラネット・オーガニック」「アマゾン」などでも販売されている。
セレブ・シェフたちの動向にいち早く反応したのか、大手スーパー「テスコ」は今年5月、自社ブランドから、コーンウォール産の生の「British Sea Spaghetti Seaweed」(500グラム入り、2ポンド) を発売した。
だが実は、イングランド産の海藻を採取し販売できるようになったのはつい数年前のこと。それまでイングランドで採れる海藻は、なんとすべて王室の所有物とみなされており、商業利用が禁止されていたのだ。2012年に王室所有地を管理する「The Crown Estate」が海藻の収穫と商業利用を解禁。女王名義のライセンスを発行するようになったことで、ようやく海藻の商業価値が注目されるに至り、イングランド内での収穫・流通量が増えたというわけだ。なんとも英国らしい理由といえる。
女王様の許可も得られるようになった今、果たして海藻ブームが今以上に広がり、「Seaweed」が英国の日常の食卓にのぼるようになるか!? 応援しながら見守りたい次第だ。 (文/ネイサン弘子)

 

 

ケールやショウガなど、野菜と海藻のスープ。Daylesford Organic Super Greens Broth 500ml£4.99 http://daylesford.com パスタと同じように調理して食べられる! Atlantic Kitchen Sea Spaghetti Seaweed 50g £5.95 www.amazon.co.uk スナック感覚で食べられるよう加工された紅海藻ダルス。The Cornish Seaweed Company Organic Dulse 20g £4.00 http://cornishseaweed.co.uk