オシャレに癒されたい! ヒーリング・ストーン


左=AQ AQ Plunge Neck Shift Dress in Crystal Print 110ポンド/ASOS
中=AQ AQ Galapagos Pencil Skirt in Crystal Print 95ポンド/ASOS
右=Crystal Print Plunge Swimsuit by Jaded London  40ポンド/TopShop

■世界各地で太古の昔から、人々は石に神秘のパワーを感じ、癒しを求めてきた。
時代は変わり、現代女性たちはスタイリッシュに石を身にまとい、そのパワーに癒されると同時に、美しさにも磨きをかけているようだ。

「ものを言わぬ宝石のほうが、どんな人間の言葉よりも、とかく女心を動かすものである」とは、かのウィリアム・シェークスピアの名言だが、現代女性たちが石に求めるのは、単なる装飾的効果だけではない。
多くの女性が羨むスーパー・ウーマン、ヴィクトリア・ベッカムは、自身のファッション・ブランドのショーのバックステージに、過度な疲労やストレスを軽減してくれるというブラック・トルマリンを用意。アンジェリーナ・ジョリーは珍しいクリスタルに数千ドルもの大金をつぎ込み、歌手のマドンナにはお抱えのクリスタル・ヒーラーがいるという。セレブたちは、トップ・スタイリストやヘアメイク、ボディ・トレーナーだけでは飽き足らず、最高の専属ヒーラーやシャーマン(呪術者)までをも必要とする時代になったとは、現代的と言うべきか、古代回帰と言うべきか。
「メトロ」紙では、東ロンドンのダルストンでセラピー・ルーム「ELEVEN HEALING」を開設するエナジー・ヒーラー兼レイキ・セラピスト(手から出る「自然の気」を用いた日本発祥のセラピー)、ジョシーさんもセラピーにクリスタルの振り子を使用していることを紹介。どこへ行くにも常にクリスタルを携帯しているというジェシーさんは、「石にはそれぞれ異なる構造と癒しの特徴があり、あなたが石を見つけなくとも、あなたに合った石がきっとあなたを見つけてくれるはず」と、アドバイスした。
また、石はテキスタイルの柄としてファッションにも取り入れられている。日本でも人気のテッド・ベイカーからはクリスタルの滴がプリントされたスカーフ、ハロッズでも取り扱いのあるポッシュ・ガール御用達ブランドAQ/AQからは、シャープで色鮮やかなクリスタルの結晶がプリントされたドレスやスカート、トップ・ショップは今年の夏に色鮮やかなクリスタル柄の水着を発売するなど、多くのブランドがクリスタルをモチーフにした斬新なスタイルを発表し、人気を呼んでいる。
果たして自分に合った石が筆者を見つけてくれるのか、ちょっと楽しみになってきた次第だが、さすがに石が向こうから歩いて来てくれることはなさそう…。まずはクリスタル・ショップに出向いてみよう!
 (文/ネイサン弘子)

アメジスト
(Amethyst紫水晶)

紫色の水晶。創造力を高め、現実的な領域と精神的な領域の繋がりを可能にする石。ヨーロッパでは悪酔いを防止し、酒に強くなる石と信じられてきた。

ラピスラズリ
(Lapis Lazuli瑠璃)

ツタンカーメンの棺の装飾をはじめ、最も古くから使われている石。気持ちを明るくし、ストレスを軽減させる。頭痛や不眠にも効果があるといわれている。

ターコイズ
(Turquoiseトルコ石)

イランやエジプトで採れたものがトルコ経由で世界に広められたことから、その名がついた。問題を解決し、緊張をほぐす石として、古くからお守りとして重宝されている。

マラカイト
(Malachite孔雀石)

精神の浄化に対し非常に強い力を持ち、つらい出来事を乗り越える手助けをする。その強力なパワーで人の心を動揺させてしまうこともあり、少量の使用が推奨されている。