リッチモンドでゆったり!アフタヌーンティーを楽しむ

■ ロンドン南西部の魅力あふれる街リッチモンド。アフタヌーンティーを楽しめるカフェやレストランはいくつもあるが、ここでは編集部が独断で選んだ3ヵ所をご紹介したい。ご家族やご友人など大切な人と、あるいはおひとりでも、心に残る時間がきっと過ごせることだろう。(写真・文/本誌編集部)

花をふんだんに使った演出にウットリ!ピータシャム・ナーサリーズ・カフェ
PETERSHAM NURSERIES CAFÉ

光あふれる温室内でサーブされるアフタヌーンティー。サンドイッチ(具材によってパンの種類を変えるこだわりよう!)もケーキもきわめてレベル高し!

ナーサリー(nursery)とは種苗や苗木を育てて売る園芸場のこと。敷地内の温室などをいかしたレイアウトで、レストラン、カフェとしても高い評価を得ている。床は赤土なので、下に置いたバッグや靴などが汚れやすい点にご留意を(特に雨の後)。レストラン(要予約)やティーハウス(予約不要)についてはウェブサイトでご確認のこと。

(左)サンドイッチとケーキを食べ終えた後、運ばれてきた焼き立てスコーンの美味しさに感動!(右)プロセッコはバラの花びらの砂糖漬け入り。

Petersham Nurseries Café
Church Lane, off Petersham Road, Petersham, Richmond, Surrey TW10 7AG
Tel (Reservations): 020-8940-5230
www.petershamnurseries.com
【アフタヌーンティー】※完全予約制
Garden Afternoon Tea
土・日 12:00, 12:30, 14:15, 14:45
料金:1人45ポンド/プロセッコ付き55ポンド/シャンパン付き60ポンド

テラスからの眺めの良さは圧巻!お値段庶民派!!ペンブルック・ロッジ
PEMBROKE LODGE

リッチモンド・パーク内の高台部分に設けられた庭園内にある。結婚式場としても人気が高く、週末は駐車場が満車になることも多い(正午までに到着しておくと安心)。スコーンなどはセルフサービスの「The Butler's Pantry」で購入できる。ホットランチもお値打ち(12:00~14:30)。天気が良い日のテラス席もすばらしいが、美しい内装の屋内席もお薦め。

スコーンはかなり大ぶり。中はしっとり、外側はカリッとビスケット風。休日は、午後3時頃にスコーンが完売することもあるのでご注意を。なお、トイレが使えるのは17:00まで。

Pembroke Lodge
Richmond Park, Richmond, Surrey TW10 5HX
Tel: 020 8940 8207
www.pembroke-lodge.co.uk
【スコーン&ティー】
毎日 9:00 - 17:00
料金: 5.80ポンド
グルテンフリーのものも含めケーキも各種あり。

老舗ホテルでの優雅なひととき!ピータシャム・ホテル
THE PETERSHAM

伝統的なアフタヌーンティーが楽しめる。ただ、サンドイッチでおなかいっぱいになる可能性が高いので要注意。また、紅茶が薄いと感じたら茶葉を足してもらおう。

1865年完成のヴィクトリア朝の建物。ロンドン初の荘厳な大ホテルとして創業したランガムホテルを担当した建築家、ジョン・ジャイルスが手がけた。窓外に広がる、テムズ河がゆるやかに描くカーブに沿ってピータシャムの牧草地が横たわる様は一幅の絵画のよう。


The Petersham
Nightingale Lane, Richmond, Surrey TW10 6UZ
Tel : 020 8940 7471
www.petershamhotel.co.uk
【アフタヌーンティー】※要予約
月~土 14:00 - 18:00 /日16:00 - 18:00
料金:1人39.50ポンド
10.50ポンド追加でシャンパン付きにできる。

週刊ジャーニー No.1240(2022年5月19日)掲載