Show Must Go On! 引きこもりを楽しくするエンタメ・ストリーミング

■ 新型コロナウイルスの影響であらゆる芸術活動が延期や中止に追い込まれているが、窮地に陥っていてさえ人々を楽しませる努力を惜しまないエンターテイメント業界は、ストリーミングによる演劇や動画の配信サービスの無料提供を始めている。自宅軟禁生活をとりあえず楽しく乗り切る手立てのひとつとして、ご紹介したい。

インターネット上で映像や音楽などのメディアを再生できるストリーミング・サービス。YouTubeなどでお馴染みだが、著作権の厳しい舞台映像のコンテンツは無料動画サイトでなかなか見つからないものだ。期間限定とはいえ、本来は有料の高品質舞台映像が劇場公認で無料配信されるのだから、舞台好きにとってはこの上ない観劇チャンスだろう。

英国の名門劇場ロイヤルオペラハウス(ROH)が、YouTubeチャンネルで毎週1作品を配信するほか、英政府が出資する芸術劇場ナショナル・シアターでも「National Theatre at Home」としてYouTubeチャンネルにて週替わりで1作品を公開する。他の小劇場でも同様の試みが行われている。

また、イングリッシュ・ナショナル・バレエでは芸術監督タマラ・ロホによるバレエクラスを配信中だ。ロイヤル・バレエ団でプリンシパルを12年間も務めたタマラの授業を自宅にいながらにして受けられるとは! 外出自粛で運動不足が心配される現在、優雅なバレエでエクササイズはいかがだろう。

ナショナル・シアターが配信予定の「一人の男と二人の主人」より。

罰則を伴う厳しい外出制限令をボリス・ジョンソン首相が発表した3月23日。いよいよ外には当分出られないと覚悟を決めて、気晴らしに米ニューヨークのオペラハウス、メトロポリタン・オペラ(MET)のライブ配信サービスを試してみた。METでは日替わりで過去のオペラ公演を無料配信している。現地時間の午後7時30分から23時間限定なので、英国からの視聴は時差に注意だ。この日の演目はワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」で上演時間は4時間19分! 見始めたのが遅かったため視聴中に無料配信の終了時間になってしまったが、視聴中の場合はそのまま見続けられる仕組みらしく、最後まで鑑賞することができた。慌ただしい日常では4時間を超えるオペラをじっくりみる時間はなかなかつくれない。緊急時に少々不謹慎ではあるが、引きこもり生活がちょっとだけ楽しくなってきた。

ほかにも、BBCでは芸術を自宅で楽しめるようにと「Culture in Quarantine(隔離中の芸術)」と銘打った企画を進めており、現在は演劇の「Albion」(マイク・バートレット作)と「Wise Children」(エマ・ライス作)の放映が決まっている。バレエ「うたかたの恋」(Mayerling)などROH関連の映像は既にiPlayerで配信中だ。

やっと春が来たというのに悲しいニュースが続く。無力感もあるが、人々の命を守るためせめて外出自粛を守らねば! 極端に狭まった生活範囲もこれで少しだけ広がるかも。まさにデジタルワールド万歳! だ。 (文/名越美千代)

無料で鑑賞できる主な団体&演目

ロイヤル・オペラ・ハウス

3月27日バレエ「ピーターと狼」(プロコフィエフ)、4月3日バレエ・オペラ「エイシスとガラテア」(ヘンデル)、4月10日オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」(モーツアルト)、4月17日舞踏劇「変身」(カフカ)、4月24日オペラ「グロリアーナ」(ブリテン)、5月1日バレエ「冬物語」(シェイクスピア)それぞれ午後7時から配信
https://www.roh.org.uk/news/the-royal-opera-house-launches-a-programme-of-free-online-content-for-the-culturally-curious-at-home

ナショナル・シアター

4月2日「一人の男と二人の主人」、4月9日「ジェーン・エア」、4月16日「宝島」、4月23日「十二夜」、それぞれ午後7時配信
https://www.nationaltheatre.org.uk/nt-at-home

ロンドン・パラディアム劇場

児童劇「たのしい川べ」(The Wind in the Willows、ケネス・グレアム作)
https://www.willowsmusical.com

ロイヤル・コート・シアター

社会劇「Cyprus Avenue」(劇場パフォーマンスとアイルランドのベルファストで撮影した映像を組み合わせた作品)、3月27日より30日間限定
https://royalcourttheatre.com/whats-on/cyprus-avenue-film/

メトロポリタン・オペラ

4月2日「ドン・カルロ」(ヴェルディ)、4月3日「真珠採り」(ビゼー)、4月4日「マクベス」(ヴェルディ)、4月5日「ノルマ」(ベッリーニ)、以降随時演目が発表される予定
https://www.metopera.org/user-information/nightly-met-opera-streams/

サドラーズ・ウェルズ

新作のダンスパフォーマンスや、幅広い年齢層を対象にしたダンスワークショップを配信予定
https://www.sadlerswells.com/whats-on/2020/digital-stage/

イングリッシュ・ナショナル・バレエ

「Ballet Class With Tamara Rojo」(タマラ・ロホによるバレエクラス)
https://www.ballet.org.uk/onscreen/ballet-class-tamara-rojo/

パリ・オペラ座

3月30日〜4月5日バレエ「白鳥の湖」(チャイコフスキー)、4月6日〜12日オペラ「セビリアの理髪師」(ロッシーニ)、4月13日〜19日バレエ「ジェローム・ロビンスに捧ぐ」、4月20日〜26日オペラ「ホフマン物語」(オッフェンバック)、4月27日〜5月3日オペラ「カルメン」(ビゼー)
https://www.operadeparis.fr/en

シャウビーネ劇場

日替わり(詳細はウェブサイトで)。ドイツ語だが英語字幕あり
https://www.schaubuehne.de/en/seiten/online-spielplan.html?fbclid=IwAR3Rl0yW1W2Lsw_5uY0oL-4AScp1oSRzoRvVS3UtO7PQ21iJCyr1p9Mynsw

ハムステッド劇場

3月30日〜4月5日「Wild」(マイク・バートレット作)、4月6日〜12日「Wonderland」(ベス・スティール作)、4月13日〜19日「Drawing the Line」(ハワード・ブレントン作)
https://www.hampsteadtheatre.com/news/2020/march/hampstead-theatre-in-partnership-with-the-guardian-to-stream-a-series-of-hit-productions-from-its-digital-archive-for-free/

そのほかアンドリュー・ロイド・ウェバーが自身のミュージカル作品を無料公開!

「The Shows Must Go On」と題し、毎週金曜日午後7時から48時間限定で作品が公開される。4月3日「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」、4月10日「ジーザス・クライスト・スーパースター」。お見逃しなく!
https://www.youtube.com/theshowsmustgoon

週刊ジャーニー No.1131(2020年4月2日)掲載