ハロッズがプロデュース 高級チャリティ・ショップ

Fashion Re-Told
■世界一有名と言っても過言ではないほどに広く知られるロンドンの老舗百貨店「ハロッズ」。高級ブランドを数多く取り扱う同百貨店がチャリティ・ショップを期間限定でオープンし、 「ロンドンで最も高級なチャリティ・ショップ」として注目を集めている。
Fashion Re-Told

 英国ではどんな小さな街にも見られるチャリティ・ショップ。人々の間にチャリティ文化が深く根づいているせいか、高級ブランド品や高品質の商品も見られ、掘り出し物を発見することもしばしば。ただ発掘までには労力がつきもの…。このチャリティ・ショップ文化を進化させる形で登場したのが、ラグジュアリーな買い物体験と高級ブランド品、最新ファッションを提供する「Fashion Re-Told」だ。
 向かった場所は、小綺麗なファッションブランド・ショップやこぢんまりとしたレストランが立ち並ぶメリルボーン・ハイストリート。店頭に設けられた花々のアーチを抜けると、「イングランドの夏の庭」をテーマにした華やかな空間が広がる。

Fashion Re-Told
写真映えする店内のデコレーションも話題を集めている理由のひとつ。店内では香水ブランドのジョーマローンによる香りが用いられているという触れ込みで、利用者のショッピング体験をより華やかに彩る工夫が散りばめられている。

 同店では、ブランド各社から寄付として服や靴、小物を受け付け、ディスカウント価格で販売。収益はすべてチャリティ団体「NSPCC」(全英児童虐待防止協会)に寄付される。取り扱いは、英ブランド、ステラ・マッカートニーのほか、ジョージ王子が着用し日本でも人気を集めるレイチェル・ライリー、英国の定番ポール・スミスなど。10ポンドの子どものおもちゃから、1000ポンド超のワンピースまでが、店内にゆとりをもって並べられている。新品アイテムをメインに、中には古着も含まれているようだが、必要に応じて修繕されているため新品ばかりの印象。店員さん曰く、「日々商品を入荷しているので、来るたびに良いものが見つかるはず!」。
 ブランド志向の人にとっては節約になるし、収益が寄付されるのだから散財の罪悪感も少なめ。質の高い商品が格安で手に入るのも嬉しいし、女心をくすぐる内装も素敵。1ヵ月限定オープンなので、今すぐお出かけを。
(写真・文/西村千秋)

Fashion Re-Told™

2019年6月2日まで
51 Marylebone High Street, Marylebone, London W1U 5HW
https://www.harrods.com

週刊ジャーニー No.1086(2019年5月16日)掲載