イースターはキュー・ガーデンへ! ピーターラビットの世界 Peter Rabbit at Kew Gardends

© RBG Kew

■ イエス・キリストの復活を祝う、春の一大行事「イースター」。今年も各地でイベントが目白押し! 中でもキュー・ガーデンでは、「ピーター・ラビット」をテーマにした催しが予定され、話題を集めている。

© Frederick Warne & Co

ロンドン南西部リッチモンドにある王立植物園キュー・ガーデンでは、3月30日~4月15日の期間限定で「A big day out with Peter Rabbit」と銘打ったイベントを開催予定。敷地内が世界で最も有名な(!?)ウサギ、ピーター・ラビットで彩られる。英作家ビアトリクス・ポターによる児童書「ピーター・ラビット」は、いたずら好きのピーターが、母親との約束を破ってマクレガーさんの畑に忍び込んで冒険を繰り広げる物語。1902年に出版されて以来、現在でも映画化作品が公開されるなど、100年以上にわたり人々に愛されている。
来場者は「マクレガーさんの庭のノート」を手にキュー・ガーデンをまわり、物語の枠を超えて楽しむ仕掛け。ピーターが畑でどんな野菜を見つけたのかを探るゲームに参加したり、好きなキャラクターを選んで、キャラになりきるための耳を作ったり、想像力をフルに働かせて「野菜の怪獣」を描いたり…。ウサギ小屋作りや、植物を専用ポットに植えるワークショップなどもあり! 子供たちにとって、物語の世界に触れながら珍しい植物を発見したり、見慣れた野菜や果物の知識を深めたりする良い機会になりそう。
もちろんビアトリクス・ポターの世界にあこがれる大人たちには、自然をこよなく愛したポターとキュー・ガーデンの関係を探るトークイベントも予定されている。
一方、キュー・ガーデンが運営・管理し、ナショナル・トラストが所有するウェスト・サセックスのボタニカル庭園「Wakehurst」でも、ピーター・ラビットをテーマにした催しが同期間開催されるので、こちらもチェック!(文/西村千秋)

A big day out with Peter Rabbit™
3月30日~4月15日
Kew Gardens
Royal Botanic Gardens
Richmond TW9 3AE
入場料:大人16ポンド~、子供(4~16歳)4ポンド
www.kew.org

© RBG Kew

週刊ジャーニー No.1027(2018年3月22日)掲載