10/17 カンタベリー大聖堂専属 初の少女聖歌隊結成へ

 英国国教会の総本山で、カンタベリー大司教がトップを務めるカンタベリー大聖堂はその起源を597年にまでさかのぼる。この大聖堂が創立されて以来、初となる少女のみで構成される聖歌隊が近くお目見えするという。
「Canterbury Cathedral Girls’ Voluntary Choir」と名付けられる聖歌隊メンバーは、12歳から16歳までの児童・生徒20人からなり、地元の学校から選ばれる予定。選抜審査は11月23日に行われ、今年中に合格者が発表される見込みとされている。
成人女性で構成される聖歌隊はこれまでにも結成されたことはあったが、女児のみで構成される聖歌隊が誕生するのは初めて。
同聖堂の広報担当リサ・エマニュエルさんは「なぜ、今?と尋ねられても、特別な理由があるわけではない。ただ、やってみようという話になった」と説明している。