壁に刻まれた名前

 ジェーンの遺体は、ロンドン塔内にあるセント・ピーター・アド・ヴィンキュラ礼拝堂に運ばれ、ヘンリー8世の命で処刑された2人の王妃アン・ブーリンとキャサリン・ハワードの隣に埋葬された。ジェーンの父は娘が処刑された11日後の2月23日、タワーヒルで斬首される。母はメアリー1世の好意と友情のおかげで生き残り、ジェーンの妹キャサリンとともに、女王の女官として彼女に仕えた。
ジェーンの処刑後、メアリー1世は周囲の反対を押し切ってスペインのフェリペ皇太子と結婚し、「ブラッディ・メアリー(流血のメアリー)」と呼ばれるほどにプロテスタントに対して過酷な迫害を行った。しかし子供を授からないまま、即位から5年で病死。次いで25歳で即位したエリザベスが、イングランドに黄金時代をもたらすことはご存知の通りだ。
メアリーやエリザベスの母が婚姻無効でヘンリー8世と離別させられたからには、2人は確かに本来は王位継承権がない私生児であり、ジェーンの女王即位は必ずしも理屈に合わないわけではない。だが、緑豊かな田園風景に囲まれて育ち、人と争うことを嫌い、静謐を好んだというジェーンは、メアリーやエリザベスのように、困難なときに歯を食いしばって生き残る道を模索するような強さは、持ち合わせていなかったと思われる。とはいえ、まだ16歳という若さながら潔く運命を受け入れた姿は、多くの人々の心を打ったに違いない。
もしロンドン塔を訪れる機会があれば、「ビーチャムタワー」の小部屋の壁をご覧いただきたい。幽閉されていたダドリー家の兄弟たちが彫った家紋などが散らばる中に、「JANE」という名前を見つけることができるだろう。ギルフォードが刻んだものと伝えられているその弱々しい文字が、460年前に起きた事件の悲しい顛末を今に伝えている。



ギルフォードが彫ったと伝えられている、
ビーチャムタワーの壁に残る「IANE(JANE)」のグラフィティ(48番)。

ジェーンが眠る地ロンドン塔の主要ポイント


① ホワイトタワー
② ビーチャムタワー
③ ナサニエル・
パートリッジズ・
ハウス
④ブラッディタワー
⑤ タワーグリーン
⑥ 処刑場跡
⑦ セント・ピーター・
アド・ヴィンキュラ
礼拝堂
⑧ タワーヒル

愛に生きたジェーンの妹 キャサリン・グレイ

 姉ジェーンの処刑に際し離縁され、実家のグレイ家に戻った妹のキャサリンは、フェリペ皇太子と結婚して幸せの絶頂にいるメアリー1世に意外にも可愛がられ、女王の女官として不自由のない生活を送った。
だが、エリザベス1世が即位すると状況は一変。子供のいないエリザベスに何かあれば、次に王位を継ぐのはキャサリン。王位を狙う者に再び利用される危険性があるため、厳重な監視下に置かれるようになる。
そんな中、キャサリンはハートフォード伯エドワード・シーモアと出会う。ジョン・ダドリーによって反逆者として処刑されたサマセット公の長男で、爵位と領地を取り戻し、宮廷に返り咲いていたのである。肉親を刑死で失っていた2人はあっという間に懇意となるが、結婚への道は険しかった。王族の血を引く者の結婚には、君主の許可が必要。しかし、かつて王室を揺るがした両家の婚姻が認められるはずがない。結局、1560年に極秘に結婚。翌年、キャサリンの妊娠が発覚したことから、無断で結婚したことが女王に知られ、2人は反逆罪でロンドン塔の別々の建物に幽閉された。婚姻無効の宣告がなされ、ロンドン塔で生まれた長男は私生児とされる。
ところが2人は看守の手引きで密会を続け、1563年に次男が誕生。激怒したエリザベス1世はキャサリンと次男をグレイ家の親戚宅に閉じ込め、エドワードと長男はサマセット公夫人宅に監禁した。2人は二度と会うことなく、キャサリンはその5年後に結核で死去。まだ28歳だった。