物語好きの少女

 1868年2月4日、松江藩の武士で番頭役だった小泉弥右衛門俊秀(維新後改名し小泉湊)・チエ夫妻の次女として誕生した小泉セツは、生まれてすぐに遠縁にあたる稲垣家の養女となった。子供がなかった養父・稲垣金十郎と養母・トミはもちろん、養祖父母にも可愛がられたセツは、大人にいつも古い話や不思議な話をしてくれとせがむ、物語好きの少女に成長する。8歳になると、できたばかりの公立の小学校に通うようになったが、学校が大好きなセツは成績も優秀であった。
しかしながら、時代の流れは、もと武士である稲垣家に厳しい試練を課した。生活のために事業を興した養父がいわゆる「士族の商法」(侍のプライドを捨てられぬまま、不向きな商売に手を出すこと)で失敗し、一家は住み慣れた屋敷を追われることになったのである。セツは小学校も下等教科を卒業したところで、通うのをあきらめることを余儀なくされた。稲垣家の経済的状況が、上等教科への進学を許さなかったのである。勉強ができたセツにとっては、さぞ悔しく悲しい出来事であったに違いない。
だが、セツは自分の身をいつまでも嘆いているような少女ではなかった。自分が働く必要があることを幼い身で理解し、実父の小泉湊が興した機織会社で機を織って、養母トミと共に稲垣家の家計を支えたのである。こうしてわずか11歳から家の働き手となったセツの手足は、時を経るにつれてまるで労働者のもののようになってしまったという。しかし、少女の頃よく出入りしていた実家の小泉家で、生け花や茶の湯の基本を身につけ、日本の伝統芸術に対する眼識を養う機会を得られたことは、彼女の一生の核になったようだ。セツは、武士の娘としての誇りや教養を保ちつつ、環境の変化にも対処できる強さと柔軟さを持った女性へと成長していった。

 

ふたつの家族を養う務め

 

19歳になったセツは、前田為二という士族の次男坊を婿養子に迎えた。しかしこの結婚生活は、長くは続かなかった。セツの養父母と養祖父の扶養のみならず、稲垣家の事業の失敗で生じた負債まで自分の肩にかかることに恐れをなした為二が、結婚後わずか1年も経たないうちに出奔してしまったのである。
不幸には不幸が重なるもので、この時セツの実家の小泉家でも、機織会社がついに倒産、苦境に陥っていた。セツは、名跡が絶たれる可能性さえあった小泉家に復籍し、養父母や養祖父に加え、実母の生活まで支えなければならない立場に置かれた。
ハーンと出会ったのは、その頃である。20歳そこそこの身には重過ぎる荷を負っている時期だった。我が身の不幸を嘆くことを潔しとしない、この芯の強い女性は、当時の一般的な日本女性であれば恐れをなしてしまうような仕事―住み込みで外人教師(ハーン)の世話をする仕事―を引き受けて、家族を養うことを決意するのである。

 

「神々の国」での出会い

 

 取材記者として横浜に降り立ったハーンが、未来の妻・セツのいる松江に住むことになったのは、計画外の展開による。自分の原稿料が、一緒に来日した挿絵画家よりも安いことに腹を立てたハーンが、記者をやめて、島根県尋常中学校と師範学校の教師として松江に赴任する話を受けたからだった。
1890年8月30日、松江の地に到着。ハーンは、この「神々の国」の土地柄が大いに気に入り、すんなりと馴染んでいった。地元の人たちからは親しみを込めて「ヘルン先生」(Hearnのつづりがこう読めるため)と呼ばれたという。
翌年の冬、寒さ厳しい彼の地で病気になって寝込んだのが、セツとの出会いのきっかけだった。看病と身の回りのことを世話する女性が必要になり、セツが紹介されたのである。家族の生活が自分の肩にかかっていたセツには、選択の余地のない話だったのかもしれないが、独身の「異人」のもとで、住み込みで働くことに抵抗がなかったとは思えない。セツが当時においては、勇気ある女性であったことは確かだといえるだろう。

 



残った右眼で執筆活動を行ったハーンだったが、
その目が極度に悪かったため、丈の高い机を特注して用いた。

ハーンとの出会いを予言した!?
八重垣神社での占い

◆松江市の郊外にある八重垣神社は、良縁に出会える時期などを占うことができるとされる「鏡の池」が有名。現在も、若い女性の参拝が絶えない縁結びの聖地となっている。祭神は、出雲神話に登場する素盞烏尊(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなたひめのみこと)で、尊が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、姫と結ばれたのがこの地だとされる。

◆この「鏡の池」の良縁占い、どうやら少女時代のセツも試みたことがあったようだ。ある日、セツは女友達2人と連れ立って、良縁を祈願しに八重垣神社を訪れた。参拝した後、3人は鏡の池に行き、古くからの習わしに従って、紙に一厘銭をのせて水に浮かべた。

◆セツの友人2人の紙は、両方ともすぐに、浮かべた岸からごく近いところに沈んだが、セツのものはなかなか沈まず、浮かべたところから遠く離れた池の端の方へ流れていき、ようやく沈んだ。紙の沈む早さは良縁の時期、沈む場所は縁のある人との距離をあらわすという。早く沈めば、良縁が早く訪れ、浮かべた場所の近くで沈むと身近な人、遠くで沈むと遠方の人と結ばれるというのである。

◆2人の友達は、それからまもなく、近所の青年と結ばれた。その1人など、すぐ隣の家に嫁いだという。そして、紙がゆっくり時間をかけて遠くに沈んだセツは、紆余曲折を経たのち、遠い異国から来たハーンと結ばれることになったのである。



ハーンとセツ夫妻、そして長男・一雄の幸福そうな1枚(神戸時代の写真)。
八重垣神社の占いは、当たったといえそうだ。