スペイン、英国
そしてジブラルタル

 

 2005年、今度は英国とスペインに加え、ジブラルタルを交え、航空・通信などの分野において、三者が足並みをそろえての協議が行われるようになった。そして続く2006年9月にジブラルタル空港の共同使用や空港発着航空機のスペイン空域通過などで合意にいたり、フランコ総統時代に運航が停止されて以来初めてジブラルタル―スペイン間を結ぶフェリー路線などが復活したのである。
2009年の大きな進展は、スペイン・モラティノス外相(当時)がジブラルタルを訪れたことにある。スペインの重要人物の訪問は、英国支配下となって以来初めてのことで、これまでスペインが辿ってきた外交政策からすれば、かなりの譲歩のようにも見られることから、スペイン国内では「領有権をめぐる主張を取り下げるようなもの」と批判の声が上がった。モラティノス外相は「領有権を取り戻すためには、ジブラルタル政府や住民との話し合いの場を持ち、協力することが最良の方法だ」と主張し、この訪問では、漁業や治安、環境問題が話し合われたという。
これまで見てきたように、300年の歴史を経て、ジブラルタルを巡る領土問題は、スペイン、英国の2国間にとどまらず、ジブラルタル政府が加わり、ますます複雑な様相を呈するに至っている。さらに2011年12月に誕生したスペイン新政権ではジブラルタル奪還の主張が強まっていることもあり、雲行きが怪しくなってきている現状だ。
だが一方で国同士が武力で覇権争いに明け暮れていた時代はとおの昔に終わり、私たちは平和を目指す国際社会に生きている。しかもヨーロッパはEUを組織し、現在27の加盟国がひとつ屋根の下で暮らそうと試みている。平和的解決へ向け、一歩そしてまた一歩と歩み寄りの姿勢も見せる三者が今後どのような折り合いをつけていくのか。領土問題に頭を悩ます日本にも解決のヒントを与え、東アジアに恒久的な平和をもたらす一助になるのではないだろうか。

 


フォークランド紛争と領有問題


英王室主催の午餐会にはスペインのカルロス国王(左)の代理としてソフィア王妃(右)が出席する予定だった。

31年前の1982年4月2日、1833年以来、英国が実効支配していたフォークランド諸島(アルゼンチン名:マルビナス諸島)に、領有を主張するアルゼンチンが突如として侵攻し、フォークランド紛争が勃発した。
2012年末に英国が発表した、当時の非公開委員会の議事を記録した公文書によると、アルゼンチンによる侵攻=写真左=は英国にとって想定外だったようだ。


投降するアルゼンチン兵。

サッチャー元首相は、フォークランド侵攻の直前まで「(アルゼンチンが)そんな愚かなことをするだろうか」と考えていたという。
しかしその見通しは大きく外れ、紛争へと発展した。両国合わせた死傷者は3000人弱にのぼり、約2ヵ月の後にアルゼンチンは降伏した。現在も、両国ともに同諸島周辺の領有権を主張しており、解決には至っていない。
折しも本稿脱稿の間際、1月3日にアルゼンチンのフェルナンデス大統領=写真下=は同日付の英紙「ガーディアン」にフォークランド諸島返還を要求する公開書簡を掲載。キャメロン英首相宛てのこの書簡で「180年前の今日、19世紀の植民地主義の露骨な行使により、アルゼンチンはマルビナス諸島を暴力的に奪われた。そして英国は、他の海外領土の例に同じ く、入植を進めた。以来、宗主国である英国は領土返還を拒んでいる」と強調した。また1965年に国連で決議された、「交渉による解決」に従うことも呼び かけた。


©presidencia.gov.ar

これに対しキャメロン首相は、「諸島の未来は、住人にゆだねられるべきだ」と返還要求を一蹴。今年3月に島の主権に関する住民投票が予定されていることで、今後の動向が注目されている。