極点に揺れるノルウェー国旗

 1月4日、最終サポートチームの3人は、名残惜しみながら基地へと帰っていった。そしていよいよ、急遽5人編成となった極点隊が動き始めた。
 スコットらはひたすらソリを曳いた。
 1月10日。極点まで167キロ。ここに最後のデポを築いた。その緯度から「1度半デポ」と名づけられた。
スコットのか細い神経は日々、姿見えぬアムンセンに押し潰されそうになっていく。1月15日の日記にはこう記した。「そこにノルウェーの国旗を発見する、ゾッとするような可能性がある」。
 1月16日。バワーズが遥か遠方の雪原の中に雪塚を発見した。周囲にはスキーや犬の足跡も認められた。もはや誰の目にも明らかだ。誰かが先にここを通過したのだ。
 1912年1月17日。気温零下30℃。
 スコットらは遂に極点に立った。しかしそれは、アムンセンらが最初にノルウェー国旗を掲げてから34日もあとのことであった。
 南極点にはアムンセンのテントが残されており、中にはノルウェー国王とスコット宛ての2通の手紙が置かれていた。スコット宛ての手紙には「ノルウェー国王に宛てた手紙を持ち帰って欲しい」という屈辱的なメッセージが残されていた。確かに敗北した英国隊には、ノルウェー隊が世界で最初に南極点に到達したことを世界に向けて証明する、という敗者にしかできない残酷な仕事が残されていた。
 計測を済ませたスコットらは、彼らが極点と算出した地点に英国旗を立て、記念撮影をした。みな、無言であった。
 その夜、スコットは日記に、「神よ、ここはひどく恐ろしい土地です」と記し、自らの不運を呪った。

 この頃アムンセンらは既に氷河下りも終え、秋にデポ作戦を行った時の最終地点である南緯82度のラインまで到達していた。彼らの復路は好天にも恵まれ、軽くなったソリは快走を続け、水上スキーのように引っ張られて走ったり、ソリに寝そべって運転したりと愉快な旅を楽しんでいた。そうしてアムンセンは1月25日、一人の隊員を欠く事もなく、そしてかねてからの計画通り12匹の犬と共に無事、フラムハイム基地に帰りついた。実走2976キロ、99日に及んだノルウェー隊の旅は終わった。
 スコット隊は敗れた。それは「レース」とも呼べないほどの惨敗であった。しかし、それを誰も責めることはできない。本来、スコット率いる英国隊とは南極調査隊であった。その中からさらにプロジェクトチームとして南極点踏破隊が組織された。ほとんどが寄せ集めの軍人であって、それぞれ優秀で屈強な男たちであったことは間違いない。しかしプロの探検家ではなかった。
 一方のアムンセンは探検家としてはプロ中のプロである。幼少の頃から北極点一番乗りを夢見て訓練と研究を重ねた人間であり、彼が母国から連れてきた仲間も同様に極地探検のプロたちであった。また、アムンセンがエスキモーに学び、南極に持ち込んだサバイバル術はものの見事に機能した。
 そのプロ集団が突然、高速の犬ゾリを持って南極大陸に現れ、人跡未踏のルートを軽々と攻略し、あっという間にレースを完了させてしまったのである。スコットに言わせれば、まるで詐欺にあったようなものだった。事実、スコットは生来の探検家と言われるシャクルトンでさえ挫折した南極点到達をやり遂げた。一番乗りを34日違いで横取りされたことは誠に気の毒ではあるが、なにも恥じる必要はない。堂々と胸を張って帰還すればいいのである。


アムンセンが残していったテントを囲むスコットら