独断で選んだ 注目の日本選手たち
※2004年アテネ、または2008年北京大会で金メダルを獲得した経験がある選手で、今回ロンドン大会に出場する選手のみをご紹介する。
※どの競技とも、障害の種類・重度により、クラスがかなり細かく分かれており、それぞれのクラスで勝敗を競う。
「S11」「20P」「T52」など、各種目の後ろについているものは、そうしたクラスを示す。(敬称略)


水泳

 

河合純一(37)
  アテネ……
  北京……


50m自由形S11 金メダル
男子50m自由形S11 銀メダル
男子100mバタフライS11 銅メダル

鈴木孝幸(25)
  北京……
 


男子50m平泳ぎSB3
男子150m個人メドレーSM4

奈良恵里加(34)
  アテネ……

 


女子200mリレー20P
女子50m自由形S6
女子100m自由形S6


陸上

 

伊藤智也(49)
  北京……
 


男子400mT52
男子800mT52

高橋勇市(47)
  アテネ……  


男子マラソンT11

安岡チョーク(39)
アテネ……

 


男子800mT54
男子400mT54
男子400mリレーT53-54

土田和歌子(37)
アテネ……
 

=写真下 日本選手団主将
女子5000m
女子マラソン

  

車いすテニス

 

国枝慎吾(28)
北京……
 

=写真上
男子シングルス
男子ダブルス

斎田悟司(40)
アテネ……
北京……


男子ダブルス
男子ダブルス


自転車

 

石井雅史(39)
北京……

 


男子33km個人追抜CP4
1kmTT CP4
ロードTT

 

パラリンピック マラソン・ルート

■ロンドンの観光名所をバックに走るレースになるが、42.195キロを満たすために、同じルートを3度もまわるという異例のスタイル。沿道の距離も限られるため、応援に出かける際には、早めに場所取りをしたほうが良さそうだ。



■レースは、男子3クラス、女子1クラスで次のように行われる。
9月9日(日)午前8時スタート
男子マラソンT12(知覚障害:弱視〈ガイドランナーをつけてもよい〉)
男子マラソンT46(上肢切断)
どちらも、優勝者は2時間30分前後で完走する見込み。
9月9日(日)午前11時30分スタート
男子マラソンT54(車いすでのレース)
女子マラソンT54(車いすでのレース)
上位走者には1時間20分台の記録が見込まれる。通常のマラソンより決着が早くつくので、遅れないようにご注意を。

■男子マラソンT12には、アテネ大会の男子マラソンT11(全盲、ガイドランナーをつけて競技を行うクラス)で金メダルを獲得した高橋勇市選手(47)が、女子マラソンT54には、日本選手団主将で、アテネ大会の女子マラソンT54で銀メダルを獲得した土田和歌子選手(37)が出場する予定。