観光派

ロンドン一の食市場がどんなものか見てみたいという人は、訪れる曜日や時間帯に気をつける必要がある。

攻略のカギ① 土曜のお昼時に行くべし

 前述したように、かつては月に1度だけ一般に開放されたバラ・マーケットも毎週開催となり、期間も週1日、週2日と徐々に増加、現在は木、金、土の3日間で行われている。比較的空いているのは木曜日だが、金・土に比べて出店数も少なく、雰囲気を味わうには物足りない。週の中でもっともにぎやかとなる土曜日がおすすめだ。夕方には閑散としてくるので、混雑を覚悟の上で、できればお昼時に訪れると市場の雰囲気が堪能できるだろう。
人出の多い土曜日は、ストリート・フードの選択肢も最も多くなる。あちこちから漂ってくる香りに食欲が刺激され、あれもこれもとつい欲張りたくなるほどだ。

攻略のカギ② スリにご用心!

 ストリート・フードが並ぶグリーン・マーケットやミドル・マーケットは、今回新しくなったスリー・クラウン・スクエアに比べて通路が狭い。その分、人と接触することが多くなるため、スリにとっては絶好の稼ぎ場所となる。とくに美味しいものを前に心を躍らせたり、我を忘れて品定めをしたりしていると、ついつい無防備になりがちなので十分気をつける必要がある。リュックサックなど、背中に背負うタイプのカバンに貴重品を入れるのは厳禁。
なお、余談だが、50ポンド札は受け付けてくれない店もあるので、ある程度小さめの金額の札を用意してから出かけるのがベスト。



買い物に夢中になりすぎて、スリにあわないよう注意!

攻略のカギ③ 持ち物、服装も重要

 土曜日のストリート・フード・ストールが建ち並ぶエリアは、何かを飲み食いしながら歩くのはもちろん、真っすぐ歩くことさえも困難なほどの人ごみだ。それがまた醍醐味! と楽しめれば問題ない。しかし、そんな中で大きな荷物を持ち歩くのは結構な労力を要するので、できるだけ身軽な装備で出かけたいもの。残念だがベビーカーもお薦めしない。
また、押し合いへし合いしているうちに、すれ違う人が食べていたものが自分の服につく可能性もある。以前、筆者が私用で同市場を訪れた際、ふと気がつくとジャケットの袖にケチャップがベトっとついているのを見つけ、ショックを受けたことがあった。お気に入りの服で出かけるのも、控えたほうがよさそうだ。

 

Travel Information 2013年4月15日現在
 

バラ・マーケット Borough Market

住所

8 Southwark Street, SE1 1TL
020-7407-1002
www.boroughmarket.org.uk

アクセス

ロンドン・ブリッジ駅
バラ・ハイ・ストリート出口すぐ。

営業時間

木 11:00~17:00 
金 12:00~18:00
土 8:00~17:00
※月~水は、一部の店および一部のレストラン・ランチ
(10:00~15:00)のみ営業



市場の随所で、歴史の長さを証明する表示などが見られる。


View Larger Map