PART3 リッチモンドの午後をアフタヌーン・ティーで楽しむ

~編集部の独断で選んだ、いちおし4スポット~ *情報はすべて2013年3月18日現在のもの。

 

ビンガム Bingham


©TimelessPictures.co.uk
●1740年代に建築された隣り合う2軒の邸宅を1軒に改築したという全15室のプチ・ホテル。スタイリッシュな内装が施された各部屋には、かつてここに住んでいた詩人の作品にちなんだ名前がつけられ、その歴史を感じさせる。一方でジョージ王朝様式の建物の内部は2006年から08年にかけて大幅に改装され、最新設備が整っている。ティーがサーブされるカクテル・ラウンジ・バーも白を基調にしたモダンな作りで、ガラス張りの大きなフレンチ・ドアから入る外の光と壁にあしらわれた9枚の大鏡により、部屋の明るさが格段にアップ。居心地も良い。



随所にセンスの良さが感じられるレストラン。
●「部屋つきのレストラン」と自ら謳うほど、レストランには力を入れている。特別な日のディナーに出かけたくなるような洗練されたムードが漂うが、ランチなら家族連れでも気兼ねなく楽しめる、フレンドリーな表情も併せ持つ。●ビンガムのアフタヌーン・ティーは、どこか懐かしさを残している。昨今の一流ホテルでのアフタヌーン・ティーでは、指先でそっとつまむような小さなケーキが主流だが、ここではサンドイッチもケーキも大ぶりだ。レベルの高いホームメイドのスコーンのほか、チョコレートケーキやパリ風マカロン、素朴な揚げ菓子、フルーツ・ケーキなどが並ぶ。昔ながらの英国の伝統を感じさせるリッチモンドらしいラインアップと言えそう。暖かい季節には庭とテムズ河を眺められる外のテラス席をリクエストするのがお薦め。


●トラディショナル・アフタヌーン・ティー 25ポンド
シャンパン・アフタヌーン・ティー 36ポンド

Bingham
61-63 Petersham Road, Richmond,
Surrey TW10 6UT
Tel: 020-8940-0902
www.thebingham.co.uk
アフタヌーン・ティー
月~土15:30  17:30 日 16:00  19:00

 

ペンブローク・ロッジ Pembroke Lodge


 
●リッチモンド・パークで最も高台にあたる部分に設けられた庭園内にある。1754年頃まではモグラ獲り職人用の貧相な小屋だったが、その後、住居用に何度も改築された。1847年にはヴィクトリア女王が当時の首相だったジョン・ラッセル卿を住まわせたため、チャールズ・ディケンズやルイス・キャロルといった有名人が数多く訪れたという。また、第二次世界大戦中には連合軍の連絡部隊の本部としても利用された。
 



駐車場サイドからは、この玄関から入る。


●カフェテリア形式のティー・ルームは、リッチモンド・パークで朝の散歩を楽しむ人々で午前中から賑わい、スープやジャケット・ポテト、ローストなどの温かい料理が出揃う昼時はさらに混み合う。250台収容の駐車場が満杯になることも少なくないので、週末や休日に車で行く場合は12時前には到着しよう。


●外のテラス席や斜面にしつらえられたベンチからは、テムズ・バレーのさらに西方を一望でき、併設の結婚式/イベント用パーティー・ルームも人気が高い。お茶の後は、庭園内にある「King Henry VIII Mound (直訳すると『ヘンリー8世の小山』)へ。ここからなんと、備え付けの望遠鏡を使って、約16キロメートル先にあるロンドン市内のセント・ポール大聖堂をはっきりと見ることができる(12ページ参照)。


●値段はきわめて庶民的。スコーン・パック(クロテッド・クリーム、バター、ジャム付き)3.15ポンド(終日)=写真右。3時以降なら、温かいスコーン(クロテッド・クリーム、ジャム付き)とコーヒーまたは紅茶のセット(3.40ポンド)もある。




テラスは西に面している。晴れた日には、美しい夕暮れが堪能できる。

 

 

Pembroke Lodge
Richmond Park, Surrey, TW10 5HX
Tel: 020-8940-8207
www.pembroke-lodge.co.uk
ティー・ルーム
毎日 9:00  17:30  ※12月24日、25日は休業

 

 

ピータシャム・ナーサリーズ・カフェ Petersham Nurseries Café


 
●ナーサリー(nursery)とは種苗や苗木を育てて売る園芸場のことだが、ピータシャム・ナーサリーズ・カフェは単なるガーデン・センター併設のカフェではない。2011年にはミシュランの星を取るほどの高い評価を得、有名人も訪れるセレブなレストランなのだ。その上、少しお手軽なカフェテリア形式のティー・ハウス、室内用植物や園芸用品にセレクトショップ的な雑貨をそろえたショップ、そして、種苗や鉢植えから身の丈ほどもある木まで様々な植物が並ぶ外の園芸場と、たくさんの『ワクワク』が詰まったスペースになっている。
 

●温室を改造してつくられたレストランとティー・ハウスには大小さまざまな鉢植えが飾られ、壁や柱をジャスミンや ブーゲンビリアがつたう。レストランでは、使われているアンティークのイスやテーブル、食器類などが微妙に揃っていなかったり、床がむき出しの土のまま だったりといった点にも温かみが感じられる。ただし、足元の土が気になる人は、汚れやすい靴やカバンで出かけるのは(床に置くと、当然土がつく!)避けた ほうが無難だろう。

 

●給仕スタッフの対応も気さくだが丁寧だ。2013年版のミシュランで1ツ星を獲得している料理は、契約農家から吟味して仕入れる食材と、ナーサリー内のキッチン・ガーデンから収穫される食用花やハーブを使ったもの(アラカルトで3コースをとる場合は、ワイン抜きで一人50ポンド程度)。スローフード援助プログラムにも参加しており、食材や食文化を見直す運動を支持している。


●ティー・ハウスのほうも新鮮で季節にこだわった「サステイナブル」(持続可能)な食材にこだわっており、イタリア家庭料理をベースにしたメニューが用意されている(12時より)一方、ケーキとお茶だけという利用の仕方もできる。




 

 

 

 
Petersham Nurseries Café
Church Lane, off Petersham Road, Petersham,
Richmond, Surrey TW10 7AG
Tel (Reservations): 020-8940-5230
www.petershamnurseries.com


●Petersham Nurseries(園芸場のみ)

月~土   9:00  17:00    日11:00  17:00


●Petersham Nurseries Caf
é

(ランチタイムのみの営業。例外あり)
 火~日 12:00  14:45 (予約が望ましい)


●The Teahouse

火~土 10:00  16:30   日 11:00  16:30