住民の満足度や生活の質が高く、英国で最も幸せに暮らせる理想的な場所のひとつとされる街、リッチモンド。

 ロンドン中心部のハイドパーク・コーナーからの距離はわずか13キロで、地下鉄でも30分あまりで行ける。ロンドン市内へ余裕の通勤圏内にあるとはいえ、この街が守ってきた豊かな緑に触れると、少し遠くまで足を延ばしたかのような気持ちにもなる。
リッチモンドが『ハイソな街』に育った背景には、900年も昔から『王室御用達』の街として英国王室と深い係わりを持ってきた歴史がある。1125年にヘンリー1世が居を構えたのが始まりで、当時はまだ「シーン(Shene)」と呼ばれていた。その後も中世の歴代の王たちがこの地を好み、1358年から1370年にかけてエドワード3世が、そして1414年にはヘンリー5世が、それぞれ宮殿を建てている。そのうちのひとつは1497年に焼失してしまったものの、ヘンリー7世が1501年に再建。新しい宮殿はヘンリー7世が北ヨークシャーに所有していた伯爵領の名にちなんで「リッチモンド・パレス」と名づけられ、同時に周辺の村もリッチモンドと呼ばれるようになった。
ヘンリー8世がクリスマスを過ごしたり、メアリー1世がハネムーンに訪れたり、エリザベス1世が好んで過ごしたりと、チューダー朝の歴代君主のお気に入りとして『定着』。1637年に、チャールズ1世がリッチモンド・パークを王室の狩猟場として囲い込んだ。こうして王室に愛されてきたリッチモンドだったが、清教徒革命とイングランド内戦により、状況が一変する。1649年にはチャールズ1世が処刑されて高貴な人々は追い払われてしまい、1660年にチャールズ2世が即位して王政復古がなった時には、リッチモンド・パレスは既に解体の憂き目にあっていた。
その後、王室の関心が再びリッチモンドに戻ってくるのは18世紀初頭になってからだが、王室以上にこの地の再発展に寄与したのが、ここに集まるようになったロンドンの貴族や富裕層、文芸家・知識人たちだった。やがて洗練された雰囲気を漂わせるショップやカフェも軒をつらねる、高級住宅街という定評を得るに至ったのだった。現在でも著名人やアーティストが数多く住んでおり、最近ではアンジェリーナ・ジョリーさんとブラッド・ピットさんが家を購入したというニュースも聞かれるなど、リッチモンドのセレブ度はますますアップしているようだ。
ゆったりと蛇行するテムズ河沿いの遊歩道を散策するのも、ロンドン内に8つある王立公園の中でも最大規模を誇るリッチモンド・パークで思い思いに過ごすのも良し。あるいはショッピングに興じたり、お気に入りのカフェ、レストランでお茶や食事を堪能したりと、この地の楽しみ方は数知れず。今号では、そうしたリッチモンドの魅力を探るヒントをできるだけご紹介したい。