◆ 知的財産は独占すべきか 共有すべきか

ヨークシャーのボストン・スパーにある大英図書館分館。元軍需工場だったという広大な敷地内にあるが、ここのスペースにも限りがある。蔵書保管用のスペース確保の問題は常につきまとう。
著作権という概念を、世界に先駆けて認識させようとしたパニッツィだが、次のようなことも考えていたとされている。
 「すべての著作については、貧しい学生も、裕福な家庭の出身者と同等の権利をもって、手に取ることのできる自由を保障するべきである」
 万人が自由に本を読める環境―それは、時として著作権の概念と相反してしまう。本を、その著者の「知的財産」と認め、それを読んだり、リサーチに使ったりするなど利用する際には、著者に使用料を支払おうというのが著作権の考え方だ。
 しかし、良書に触れる喜びを、常時「有料化」しなければならないというのは残念なことである。特に、大英図書館が蔵する、多くの希少本や絶版となった本などは、「宝物」として仕舞い込んでしまって良いものか。
大英図書館は、そうは考えていないようだ。例えばリーディング・ルームでは、身分証明書と住所を証明するものがあれば(英語以外の言語であっても、図書館にその言語を操るスタッフがいればOK)、世界中どこからの訪問者であっても、かつ、閲覧のルール(13ページ参照)を守れば、世界に1冊しかない本であろうと実際にその目で見ることが許されている。しかも、国籍などに関係なく、無料で閲覧できるのである。
大英図書館のゲートからピアッツァを眺めたところ。左手に見える巨大な像は、『Newton』(エデュアルド・パオロッツィEduardo Paolozzi、1995年作)。 もちろん、英国在住者が支払った所得税、法人税といった税金などのおかげで、この無料サービスは成り立っているわけで、納税者はもっともっと大英図書館を利用すべきである。その一方、非納税者には、閲覧料を科してもいいのではないかという気もする。
 しかしながら、この無料という点以上に、貴重な書籍を鍵のかかったガラスケースに入れるのではなく、積極的に万人に公開しようとする点に、強者の余裕とでも言おうか、かつて大英帝国として君臨した国ならではの寛容さを感じずにはいられない。
 貴重な知的財産こそ、万人で共有すべきという理想を、現実世界で不都合を生じさせない範囲で実現させることに努め続けるのが、大英図書館に課された永遠の使命と言えるのかもしれない。

 



 

トラベルインフォメーション
※情報はすべて2012年3月12日現在のもの。年末年始のオープン時間は年によって異なる。

 セント・パンクラス本館

The British Library
96 Euston Road
London NW1 2DB
地下鉄最寄り駅
King's Cross/St Pancras、Euston、Euston Square
www.bl.uk
Tel: 0843 208 1144
Tel: 01937 546060 (Customer Services)
Tel: 020 7412 7676 (Reader Information/Enquiries)

 

 

----------------------------------------------

コリンデール分館(新聞用)

British Library Newspapers
Colindale Avenue
London NW9 5HE
地下鉄最寄り駅:Colindale
Tel: 020 7412 7353 (Reader Information)

----------------------------------------------

ボストン・スパー分館

The British Library
Boston Spa
Wetherby
West Yorkshire LS23 7BQ
最寄り駅:ヨークYork駅、 リーズLeeds駅から
ともに車かタクシーで 30分。
Tel: 01937 546070 (Reader Information)

 セント・パンクラス本館 オープン時間

※レストラン&テラス、ピアッツァのカフェは日曜休業。
※カフェは月ー土 9:30 - 19:30(金は17:30まで、土は16:30まで)/日 11:00 - 16:30営業。


エキシビション・ギャラリー&ショップ

月ー土 9:30 - 18:00
(火は20:00まで、土は17:00まで)

日およびイングランドのバンク・ホリデー

11:00 - 17:00


 リーディング・ルーム

ビジネス&IPセンターBusiness & IP Centre/人文Humanities/希少本&音楽Rare Books & Music/科学Science/社会科学Social Sciences

月ー木  9:30 - 20:00(月曜日は10:00から)
金・土  9:30 - 17:00
日およびイングランドのバンク・ホリデーは休み

------------------------------------------------------

■アジア&アフリカ研究Asian & African Studies/地図Maps/写本Manuscripts

月ー土  9:30 - 17:00(月曜日は10:00から)
日およびイングランドのバンク・ホリデーは休み

 

  リーダー・パス登録オフィス

 ※受付終了時間は、下記時刻の15分前まで。
  月ー木  9:30 - 17:45(火曜日は19:45まで)
  金・土  9:30 - 16:15
日およびイングランドのバンク・ホリデーは休み

 

------------------------------------------------

 

セント・パンクラス本館《ガイド付ツアー各種》

※下のガイド付ツアー以外にも、特別展示、レクチャーなど様々なイベントが定期的に催されている。ホームページなどでご確認を。
※人数が多すぎると参加できない場合があるので、予約したほうが安心。
Tel: 01937 546546/http://boxoffice.bl.uk


 

図書館ツアー

■所要約90分。
■大人8ポンド(学生6.50ポンド)
  月・水・金  15:00より
       10:30/15:00より
  日およびイングランドのバンク・ホリデー
※リーディング・ルームの見学も含まれる 11:30/15:00より

 

ビューイング・ギャラリー・ツアー

■所要約90分。
■リーディング・ルームまで本がどのように運ばれるかなどを、ビューイング・ギャラリーから見学する。
■無料
  月・水・金   11:00より