◆熱血図書館司書、パニッツィ登場

 大英博アントニー・パニッツィ=上のイラスト=は、大英博物館内のリーディング・ルーム(現グレートコート内に建つ)=写真下=のデザインにも関わった。カール・マルクスなどの著名人がここで研究と著述に没頭した。
  大英図書館ができるまでの流れをざっと振り返ってみた訳だが、ひとり、ここでどうしても触れておきたい人物がいる。
 その名をアントニー・パニッツィという。 もとは英国人ではない。本名はアントニオ・ジェネズィオ・マリア・パニッツィ(Antonio Genesio Maria Panizzi 1797~1879)で、イタリアの出身だ。モデナ公国のブレスチェッロという町に生まれた。パルマ大学で法を学び、学位を取得して1818年に卒業。その頃のイタリアはまだ統一されておらず(イタリア王国が統合されるのは1861年)、各地で地元諸侯と、統一を目指す革新派による争いが繰り広げられていた。
 パニッツィも血気盛んな若者だったようで、故郷に戻って学校の監察員として働くかたわら、統一を夢見る革新派のメンバーとして活動に従事。22年にモデナ公国の警察長官が暗殺される事件が起こると、革新派は続々と逮捕され、処刑される者も出た。パニッツィは、警察の手が迫りつつあると密かに知らされ、あわててスイスに逃亡。同国で、革新派に対するモデナ公国の弾圧を、公然と非難する本を著して出版したのだった。この著作を発表したことにより、パニッツィは不在裁判で死刑を宣告されてしまう。
 帰郷は死を意味する。
 1823年5月、パニッツィは英国への亡命を選んだ。
 当初は英語が話せず、イタリア語やイタリアの歴史を教えるなどして生活の糧を何とか得ていたが、31年、つてを頼って、大英博物館の図書館部門に職を得た。もともと、図書館司書としての仕事に興味があったのかなかったのかは不明ながら、パニッツィがこの職に就いていなかったら、英国の、いや世界における図書館の発展の歴史はまた違ったものになっていただろう。それほどに、パニッツィは図書館業務に深く関わっていくことになる。
 32年には英国籍を獲得。故郷にはもう戻れないという事実は、愛国心あふれるパニッツィにとって、受け入れるのが容易ではなかったと想像できるが、他に選択肢はなかった。パニッツィはその悲しみや怒り、不満といった感情を、図書館業務への情熱に昇華させたようである。 順調に『出世』を果たし、56年にはついに図書部門のトップの座に就く。この『出世』を彼にもたらしたのは、大英博物館図書部門の蔵書目録の再編成作業だった。それまでの蔵書目録は、蔵書名をだらだらと書き連ねたリストにしか過ぎなかったのである。
 パニッツィは各蔵書について、著者名、出版社名、出版年などの情報を、形式を定めて記録。これを用いて、図書部門の利用者が、自分の探す蔵書を検索することを可能としたのだった。彼は自分の考案した目録作成法を『91ヵ条の目録規則(Ninety-One Cataloguing Rules)』にまとめた。
 大英博物館図書部門では、前世紀半ばまで、これにのっとって目録が作成されたほか、パニッツィの『91ヵ条の目録規則』は、世界各国で図書館の目録作成の基礎として用いられ、彼は「近代目録法の祖」と呼ばれた。
 57年には、現在、グレートコートと呼ばれている施設の一部として、旧リーディング・ルーム(閲覧室)が大英博物館の敷地内に建てられたが、これに関わったのもパニッツィである。
 一方、42年の『著作権法(Copyright Act)』に関しては、その成立に尽力。この『著作権法』にもとづき、大英博物館図書部門は、「中央図書館」としての性格を与えられ、刊行物は出版されるたびに1冊、寄付することが義務付けられた。しかし、従順な発行人や出版社ばかりではなく、最初は寄付を渋る者も少なくなかった。パニッツィは屈強な男たちを雇い、出版社や発行人のもとに赴かせ、刊行物を集めさせたというエピソードが残っている。
 69年には、ヴィクトリア女王からナイトの爵位を賜ったパニッツィは、79年、ロンドンで逝去。ケンザル・グリーンのカトリック墓地に眠っている。合理的な発想と、類まれな行動力、そして、時には頑固者ともいわれたが、物事をやり遂げるに必要な強い意志を兼ね備え、そして何より熱い血をたぎらせた人物だった。余談ながら、大英図書館内には彼に敬意を表し、今も「パニッツィ・ルーム」と名づけられた会議室があるという。

 

◆観光客にも大人気!大英図書館の至宝を集めた

ジョン・リトプラット卿ギャラリー

Sir John Ritblat Gallery
英国の大手不動産開発業者「ブリティッシュ・ランド・カンパニー」の元社長で現名誉会長を務める、ジョン・リトブラット氏が寄付した100万ポンドにより整えられたこのギャラリーでは、大英図書館が所有する「宝」の数々が展示されている。国宝級、いや、世界宝級のものもふんだんにあり、大英帝国時代からの富(略奪に近い形で英国に持ち込まれたものもありそうだが)で得た至宝が勢ぞろいした様は圧巻。かなり暗く保たれているので、それぞれの展示の説明を読むのは骨が折れるかもしれない。また、この部屋では、大きな声で話さないこと。小さなお子さんは退屈してしまう可能性が大きくお薦めできないが、日本からのお客様をお連れすると、感動されること請け合い!

A Sacred Texts
インドやイスラム世界の聖典など。
B Illuminated Manuscripts
装丁の美しい古書、古い巻物など。日本の奈良絵本の巻物もある。
C Dawn of Printing
活版印刷技術を発明した、グーテンベルクの聖書など。
D Science
大英博物館発足のきっかけを作った、ハンス・スローン卿の標本コレクションなど。
E Historical Documents
歴史的価値の高い書類など。南極点に到達するも、100年前に遭難したスコット大佐の日記も含む。
F Literature
チョーサーのカンタベリー物語、シェイクスピアの本から、コナン・ドイルやオスカー・ワイルド、ジェーン・オースティンのオリジナル原稿などまで。
G Music
ヘンデルやモーツァルト、ベートーヴェンらの手書きの楽譜から、ビートルズの手書きの歌詞カードまで。
H Temporary Displays
一定期間ごとに替わるミニ展示。予定は4ヵ月ごとに発行される小冊子『Exhibition and Events』でも確認できる。
ITurning the Pages
デジタル化された希少本などを紹介。
J  Maps and Views
古地図など。

 

 
城内入口から見た城の姿。白亜の石がまばゆい。近くに寄ってしまうと、あまりのスケールに全体像が見えない。


大英図書館にある希少本には、驚くばかりに高価なものが少なくない。