献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz
孔雀が戯れる庭園を眺めながら、伝統的なフランス料理を味わう

The Pavilion Restaurant
パビリオン・レストラン

モンキー・ルームやテラス・バーを併設する建物「パビリオン」にあるレストランでは、素朴なフランス料理を堪能できる。アラカルトの場合、スターターが6ポンド程度から、メインで20ポンド、デザートが5ポンド程度という設定。また、3種類のアフタヌーン・ティー(モンキー・アイランド・ティー、スペンサー・ティー、デューク・オブ・マールバラ・ティー)も用意されている。

 

Tomato Soup
トマトのスープ

濃厚な味わいの中に、トマトのほのかな酸味が効いたプレスターター。

 

STARTER

Chicken Liver Parfait, Truffle Butter, Pineapple Chutney
鶏レバーのパフェ

トリュフバターを加えたパイナップルチャツネが、滑らかな口当たりのレバーパフェに、程よい酸味と甘みを添える。アクセントにあしらわれたバルサミコとオリーブオイルも、味に深みをもたらしていた。

 

STARTER

Seared Yellow Fin Tuna, Spiced Crab, Pan Fried King Scallop, Avocado
キハダマグロの炙り焼き

巻き寿司風に仕上げたキハダマグロや、散らしたイクラなど、「和」を意識した一品。左からアボカドソースが添えられたキハダマグロ、火の入りが絶妙だったホタテ、カニ身のサラダ仕立て。

 

MAIN

Tomato ‘Tart Tatin', Potato Rosti, Onion & Feta Compote, Tomato Petals & Black Olive Cream
タルト・タタン風
ロースト・トマト

すり潰したポテトを焼き上げたポテト・ロスティは、表面に少し焦げ目がつく程度に仕上げられ、サクッと軽い歯ざわり。花弁のように大胆に飾られたトマトに包まれているのは、玉ねぎとフェタチーズのコンポートで、食感も味もポテト・ロスティと好相性。

 

MAIN

Traditional Cassoulet, Confit of Duck Leg, Toulouse Sausage, Chantenay Carrots
トラディショナル・カスレ
鴨足のコンフィ

ボリュームのある大胆な盛り付けが目を引く一皿。「カスレ」とはフランス南西部の豆料理のことで、豚肉ソーセージや鴨肉などと白インゲンマメをじっくりと煮込んだもの。しっかりと濃い目の味はどことなく味噌に通じるものがあり、日本人好みだ。

 

DESSERT

Rasperry and Vanilla Cheese Cake
ラズベリーとバニラのチーズケーキ

ラズベリーの酸味が効いた、甘さ控えめのすっきりとした上品なレアチーズケーキ。

 

DESSERT

Treacle Tart with Clotted Cream
糖蜜タルト クロテッド・クリーム添え

しっとりと滑らかな質感のデザート。タルトの主張の強い甘さをクロテッド・クリームが程よく抑えている。

 

TRAVEL INFORMATION       2011年12月15日現在

モンキー・アイランド・ホテル
Monkey Island Hotel

Old Mill Lane, Bray-On-Thames,
Berkshire SL6 2EE
Tel: 01628 623400
www.monkeyisland.co.uk
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

宿泊料金(1室1泊、朝食付)

Wedgwood Suite
Peacock Suite
Terrace Room
Executive King
Superior Room
Standard Double/Twin
£350
£240
£160
£150
£130
£99

アクセス
(車をご利用の場合)

ロンドンからM4を西へと車を走らせる。ジャンクション8または9からA308に入り、ウィンザー方面へ。Upper Bray Rdから橋を渡ってOld Mill Laneを進む。
所要約1時間。