歩行者専用の入場門「Woodstock Gate」を抜けると、正面に池、右手に「Vanbrugh's Grand Bridge」、左手に宮殿が見える。第4代マールバラ公と親しかったジョージ3世はそこからの眺めを、「この地に及ぶところなし」と絶賛したという。© Blenheim Palace
オックスフォードの北西にある「ブレナム宮殿(Blenheim Palace)」。世界遺産に登録され、元英国首相のサー・ウインストン・チャーチルが誕生した場所でもある。ジョージ3世に「この地に及ぶところなし」とまで言わしめた壮大な風景を誇るこの宮殿を征くことにしたい。

●征くシリーズ●取材・執筆・写真/本誌編集部

偉大なる功績のご褒美

1702年、 アン女王が王座についた頃のこと。初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルと、美貌と気の強さで知られるその夫人サラという英国社交界で絶大な影響力を持つ夫婦がいた。サラは女王の親しい友人であったため、女王は彼女を女官長に任命した。
時を同じくして、ヨーロッパ大陸でスペイン継承戦争(1701~14年)が勃発。スペイン継承戦争とは、スペイン王カルロス2世死去後の後継ぎに、フランス王ルイ14世が自分の孫をつけようとしたことが発端で起こった戦争である。スペインとフランスが手を組めば強大な王朝が出現する。それによってますます侵略の恐怖にさらされることを危惧した英国、オーストリア、オランダが同盟を組んで対抗することになった。
そこで連合軍を率いる指揮官として選ばれたのが、マールバラ公である。マールバラ公はフランス軍のオランダへの侵入を阻止し、内陸に向けて進軍。当時の常識を覆す機動戦で連戦連勝し、1704年8月13日、連合軍はブレンハイム(またはブリントハイム/英名でブレナムBlenheim)というドナウ川ほとりの小さな村で繰り広げられた戦いで敵軍を破って大勝利をおさめ、フランス軍の侵入からウィーンを救った。この戦いの結果、ルイ14世率いるフランスに痛手を負わせたばかりか、これまで二流国と見なされていた英国がその地位を高めることとなった。
もちろんマールバラ公にとってもその意義は大きいものとなる。女王は彼の功績を称え、王領地を下賜し、マールバラ公の屋敷を建てる費用を負担した。それがこのブレナム宮殿である。

© Blenheim Palace

人間関係に翻弄される宮殿

宮殿玄関口の天井から入場者を見つめるような大きな目。第9代公爵と公爵夫人の目を描いたもの。
1705年、国民的英雄としての記念碑ともなるような宮殿建設がスタートする。だが、戦いの成功を受けてわが世の春を謳歌していたマールバラ夫妻の未来に暗雲が立ち込める。公爵が公務で国外に留まっている間、心が不安定だったサラは女王の気分を損ねる行為を重ねてしまったのだ。悩んだ女王は1710年にサラと最後の会談を持ち、翌年ついにサラを罷免。1712年には宮殿建設への政府資金が途絶え、宮殿は未完のまますべての建築工事が停止した。それまでに既に22万ポンド(当時)が費やされていたが、建築家らに対して4万5000ポンド(現在の価値で400万ポンドに相当)にのぼる負債を抱えていた。

造園家ケイパビリティ・ブラウンによる人造湖「Queen Pool」。小さな島が浮かび独特の光景を生み出している。
同年、マールバラ公一家は追われるように英国を離れた。そして1714年8月1日にアン女王が亡くなるまで国外で過ごし、崩御を受けて母国へと再び足を踏み入れたのだった。帰国した彼らは宮殿の完成に自費を充て、1716年に建設工事は再開された。
ところで、ブレナム宮殿は記念建造物であり、かつ私邸でなければならない。この複雑な事業のために選ばれた建築家は、ジョン・ヴァンブラだった。彼はグリニッジ・ホスピタルやキャッスル・ハワードの設計で秀才と認められた人物である。実際、彼でなければこの偉業は成し遂げられなかっただろうという声は多い。ヴァンブラはアン女王、初代マールバラ公の時代を通してパレス建造に関わっていたが、滞る支払いなどの面でサラ夫人と幾度となく衝突し、ついには「お望み通り、お暇をいただきます」と激怒して現場を去った。後に、ヴァンブラ夫妻が再びこの地を訪れて門で名乗った際、敷地にさえ入ることを拒否されたというエピソードがある。ヴァンブラにしてみれば、自分は精力的に宮殿の建設に関わり、支払いが滞ったため現場を去ったのに、建物が完成しても敷地にさえ入れてもらえないという…なんともひどい屈辱である。
このように数々の問題を抱えながらも1733年、総工費30万ポンド(現在の2500万ポンド相当)をかけて宮殿はようやく完成した。

1925~31年に造られた「Water Terraces」。風景式庭園とは異なり、フォーマルな様式。

ブレナム宮殿で働く日本の方々
3名が活躍中

© Blenheim Palace
2017年末より公爵のプライベート菜園(Kitchen Garden)で、管理責任者として働き始めたのが久我麻貴子(くが・まきこ)さん=写真左。公爵専属のシェフが使う野菜と果物、及びプライベートで使われる切り花などを育てている。「現在未公開となっているプライベート菜園には、レンガの壁に沿って植栽されている古い果樹(主にプラムや洋梨)があり、昔の面影を残しています。イースターにはプライベート菜園の一部がプレイグラウンドとして開放されるので、ぜひ足を運んでみてください」と、久我さん。
また、2013年から宮殿で働く照井博信(てるい・ひろのぶ)さん=同中=は、宮殿のメンテナンスを含むパレスクリーニング部署に所属。毎年冬の大掃除では、宮殿内のすべての家具を手入れする。その中にはルイ15世のシャンデリアも含まれるという。また17世紀半ばからの貴重な本を1万冊以上も所蔵する「The Long Library」(13頁参照)では、冬の時期に本の掃除が1冊ずつ丁寧に行われる。この時期には、宮殿の舞台裏である大掃除や修復作業を見ることができる。さらに「The Long Library」には1891年に作られたヘンリー・ウィルスのパイプオルガンがあり、「定期的に演奏会が行われ、その音色を聞くことも可能」(照井さん)。
一方、宮殿の事業部に所属し、2010年から専属パレスガイドとして活躍するのが樋口章子(ひぐち・あきこ)さん=同右。宮殿内ツアー、庭園ツアー及び、映画のロケ地ツアー(日本語)も担当するほか、スペンサー・チャーチル家の各種行事では来場者の案内役を務めることも。「おすすめのスポットは、『Woodstock Gate』から一望できるケイパビリティ・ブラウンの湖と『Vanbrugh's Grand Bridge』、そして宮殿の美しい眺めです。見る人に感動を与え、一生心に残る美しさがあります」とのこと。
前日の午前中までの予約で、日本語のプライベート・ガイドも可能だという(有料/このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)。

見どころ満載

完成から250年以上が過ぎた1987年、歴史的価値が認められたブレナム宮殿は世界遺産に登録され、世界各地からの観光客を魅了している。代々の公爵が暮らし、現在も第12代公爵の私邸である宮殿は、絵画やタペストリーが飾られる豪華な内装の「Drawing Rooms」「State Rooms」などの部屋が公開されている。2018年6月からはオーディオ・ガイド(日本語あり)が登場。宮殿の歴史を聞きながら自分のペースで見て回ることが可能だ。また同宮殿で誕生した元英首相チャーチルの歩みを展示する「Churchill Exhibition」や、宮殿の知られざる物語を紹介する「The Untold Story」も見みどころのひとつ。現公爵が不在の日には、プライベート・アパートメントも公開され、「Duke's Floor Tour」「'Upstairs' Tour」などのツアー(各5ポンド)でのみ見学できる。
さらに広大な敷地内には、第4代公爵の命で造られた造園家ケイパビリティ・ブラウンによる風光明媚な庭園、初代マールバラ公をいただく塔「Column of Victory」のほか、第9代公爵によって設けられたフォーマルな様式の庭園「Water Terraces」「Italian Garden」、巨大迷路のある「Pleasure Gardens」などがあり、様々な表情で来場者を楽しませる。歴史と自然の魅力あふれるブレナム宮殿を思う存分堪能してみてはいかがだろうか。

公爵家族と公爵家の栄華を示すポートレートが並ぶ「Red Drawing Room」。写真内の左端が米画家ジョン・サージェントが描いた第9代公爵一家。この反対側の壁には英画家ジョシュア・レイノルズによる第4代公爵一家のポートレートもある。

「Green Writing Room」、「First State Room」=写真右、「Second State Room」=同左、「Third State Room」には初代マールバラ公の出征を描いたタペストリーが飾られている。

現在は来賓用のダイニング・ルームとして使われる「The Saloon」。もともとはゲストを迎えるための大広間(grand reception)として、初代マールバラ公の偉業を称え、ゲストを圧倒するために造られた。

宮殿内で最も長い部屋「The Long Library」。一角には、初代公爵夫人サラが造らせたアン女王の像がある=写真下。一時は女王との関係が途絶え、国外に逃げなければならなかった公爵夫妻だが、アン女王への敬意を忘れていなかったことが伺える。

“私はブレナム宮殿で 重要な2つの決断を下した。 誕生、そして結婚”

Sir Winston Churchill

チャーチルが生まれた部屋
Churchill Exhibition: Birth Room

メイン玄関からすぐにあるチャーチルが生まれた部屋。枕元には5歳のときに切られたチャーチルのカールがかった髪が飾られている=上の右写真。
第7代マールバラ公の孫にあたるチャーチル元首相は1874年11月30日、宮殿内のメイン玄関わきの部屋で誕生した。壮麗な貴族の邸宅にありながら、入り口近くの小ぢんまりとした部屋であることに驚く人は多いだろう。

チャーチルが着用した産着。ブレナム宮殿ではチャーチルがこんなに早く生まれてくることを予期しておらず、新生児用の服を用意していなかったことから、産着は借り物を使った。
ロンドンで暮らしていた父ランドルフ(第7代公爵の三男)と妊娠中だった母ジェニーは、結婚から7ヵ月半が過ぎたころ、舞踏会に参加するためブレナム宮殿に滞在していた。ジェニーは同24日に狩猟の会で転び、その4日後には馬車を激しく走らせたために陣痛におそわれた。宮殿の入り組んだ廊下を歩いて自分の寝室に戻るまもなく、女性客用の携帯品を預かるために使われていたこの部屋に運び見込まれた。ジェニーは丸1日陣痛に苦しんだ後、予定よりも5週間早く、この部屋でチャーチルを産み落とした。

プロポーズの地
Temple of Diana

結婚直前のチャーチルとクレメンタイン(写真左)。2015年6月、チャーチルの偉業に敬意を示して「Temple of Diana」の隣に「Churchill Memorial Garden」と銅像が作られた(写真右)。
「クレメンタインとの結婚は、私が成し遂げたことの中で、最も重要な出来事だ」。のちにこう語ったチャーチルが、妻クレメンタインにプロポーズした場所が庭園にある「Temple of Diana」。チャーチルのいとこにあたる第9代公爵がブレナム宮殿で主催したパーティーで、チャーチルはかねてより惹かれていたクレメンタインにプロポーズすべく、翌朝の散歩に誘った。
ところがチャーチルは、寝坊してしまう。すっぽかされた彼女はすぐにロンドンに戻ることを決めるが、状況を察したマールバラ公が機転を利かせ、彼女を馬車で庭園へと連れ出した。そして戻ったときにようやくチャーチルが姿を現した。 ふたりはバラ園を訪れた後、「Temple of Diana」のベンチに座り、話に興じた。なかなか結婚を切り出さないチャーチルに対し、彼女は地面を這うカブトムシを見ながら、「この虫が床の割れ目にたどり着くまでにプロポーズされなかったら、彼にはその気がないのだろう」と思ったという。しかしチャーチルは無事に思いを打ち明け、ふたりは結ばれた。

ローマ神話に登場する狩猟の女神ディアナを奉るために1773年に建てられた。1908年8月11日、当時33歳だったチャーチルはこの場所でプロポーズした。

宮殿から車で5分、チャーチルが眠る
St Martin's Church

チャーチルの墓石。彼の死から12年後、妻クレメンタインもここに埋葬された(写真左)。宮殿から車で5分、徒歩で約30分のセント・マーチンズ・チャーチ(写真右)。
ウェストミンスター寺院に葬られてもおかしくなかったであろうチャーチルは、英国のどこにでもありそうなこの小さな教会墓地に眠っている。その理由は、歴代のチャーチル家一族と彼が慕う両親が眠っていることにある。1965年1月24日にロンドンの自宅で息を引き取ったチャーチルの遺体は、セント・ポール大聖堂で国葬が行われた後にここに運ばれ、チャーチルは父、母の側に埋葬された。 St Martin's Church
Church Street, Bladon, Woodstock OX20 1RS
イベント情報

イヴ・クライン:コンテンポラリー・アート展
Yves Klein Contemporary Art Exhibition
2018年7月18日~10月7日

34歳の若さで夭逝した仏芸術家イヴ・クラインのエキシビション。「青」を好んで使用し、その色を「インターナショナル・クライン・ ブルー」と名づけたクラインの絵画や彫刻など50を超えるコンテンポラリー・アート作品が、ヴァンダイクやレイノルズらのファインアートと並び、宮殿内の各所に展示される。

Travel Information

※2018年7月16日現在

Blenheim Palace

Woodstock, Oxfordshire, OX20 1PP
Tel: 01993-810530
www.blenheimpalace.com


■ オープン
宮殿 Palace:午前10時30分~午後5時30分(最終入場は午後4時45分)
庭園 Park:午前9時~午後6時30分(Formal Gardensは午前10時~午後6時)
クリスマス当日を除いて年中入場可能。プライベート・イベントなどで閉館することもあるので、事前にウェブサイトでご確認を。

■ 入場料(宮殿、庭園含む)
大人:27ポンド
5~16歳:15.50ポンド

■ ロンドンからのアクセス
…M40をオックスフォード方面に走り、オックスフォード近くのジャンクション8でA40に出る。その後、A44をEvesham方面に進むと案内板が見えてくる。ロンドンから1時間半ほど。
公共交通…ロンドン・マリルボーン駅から電車でオックスフォード・パークウェイ駅まで行き、そこからバス「Park & Ride 500」のウッドストック行きに乗車すると15分で宮殿前に到着。バスの中で、往復バス料金と宮殿の入場チケットがセットで格安で購入可能( www.oxfordbus.co.uk)。

ブレナム宮殿の魅力を 動画でご紹介します!

週刊ジャーニーが制作した「ブレナム宮殿」の紹介動画をご覧いただけます。

週刊ジャーニー No.1044(2018年7月19日)掲載