大自然が広がるレイク・ディストリクト
湖水地方を征く

●征くシリーズ●取材・執筆・写真/本誌編集部

コッツウォルズ、コーンウォールなどと並び、必見の英国カントリーサイドに挙げられる湖水地方。この「湖水地方」と言う場合、その大半は「湖水地方国立公園 Lake District National Park」を指していることが多い。イングランドとウェールズにある国立公園の中で最も広く、約2243平方キロメートルと東京都(約2188平方キロメートル)の広さに匹敵する面積を誇る国立公園だ。
その名にふさわしく、公園内には小湖、ため池を含めた90近い湖があるが、「Lake」と名のついたものはたったのひとつで、その多くには「water」、あるいは古英語で湖・池をさす「mere」、小湖を意味する「tarn」、ため池や貯水池を意味する「reservoir」という単語が使われている。
また、214もの丘陵があり、イングランドの最高峰、スコーフェル・パイク山 Scafell Pikeがあるのも湖水地方の魅力のひとつ。平坦なイングランドに珍しく、山と湖を同時に望める景勝地が拡がる。
湖水地方は「ピーター・ラビットの里」または「英国ロマン派詩人、ワーズワースの故郷」などといった枕詞付きで語られることが多く、作家が住んでいた家や作品を紹介するミュージアムなど文学関連の見所も確かに多い。しかし、その醍醐味はなんといっても水と緑に囲まれた自然。自然なくしてピーター・ラビットもワーズワースの美しい詩も生まれ得なかったといっていい。
風光明媚に極みがかかるこれからの季節、湖水地方で堪能すべきは、やはり「紅葉」。空気も澄み渡り、ウォーキングで体を温めれば冷気も心地よく感じられる、10月末から11月にかけてが、湖水地方の紅葉シーズンだ。ちなみに紅葉は、1日の最低気温が10度以下の日が続くことで進行し、5度以下になると一気に進むといわれる。「昼夜の気温の差が大きい」「夏が暑く日照時間が長い」「夏に十分な雨が降る」「湿気が少なく乾燥している」などが美しい紅葉の条件だ。英国では、日本で見られるように赤く染まる紅葉はほぼなく、「黄葉(おうよう)」「褐葉(かつよう)」と呼ばれる黄色や褐色に色づくものがほとんどだが、灌木が枯れゆく姿、そしてそれが湖面に映る姿は、日本の紅葉に負けず劣らず美しい。
湖水地方は訪れたことがあるけれど、これまでピーター・ラビット、ワーズワース漬けになってしまっていた方、あるいは英国在住歴は長いのに実は行ったことがないという方、はたまた湖水地方の新しい魅力を貪欲に探している方に、今回は湖水地方の秋を満喫する紅葉コースをご紹介したい。

紅葉オススメエリア

番号は下記Travel Informationと対応

南部

コニストン・ウォーター Coniston Water
ターン・ハウズ Tarn Hows
ライダル・ウォーター Rydal Water
ラングデール Langdale
ホークスヘッド Hawkshead

【コニストン・ウォーター】モーターボートの世界水上スピード記録保持者であったドナルド・キャンベルが記録更新にチャレンジし、時速300マイルを達成した直後に、湖面にせり出た岩に激突し即死したという曰くつきの湖。ヴィクトリア時代の思想家、ジョン・ラスキンが愛した湖としても知られ、ラスキンは屋敷の中からでも庭からでもコニストン湖を眺められるブラントウッド邸を購入し、晩年をここで過ごした。

ブラントウッド邸の庭から眺めたコニストン・ウォーター。ジョン・ラスキンがこよなく愛したと伝えられる風景。
【ターン・ハウズ】小さいが、湖水地方の最も美しい景勝地として旅行客が絶えない湖。この湖畔一帯はナショナル・トラストに委ねられる以前、ビアトリクス・ポターの所有地だった場所で、『ミス・ポター』のロケ地にもなった。ハイキングコースの詳細はこちらにて。

ターン・ハウズの秋冬の風景。湖面に映る木々たちは息をのむほど美しい。とくに太陽のまだ低い早朝の景色が格別といわれている。
【ライダル・ウォーター】ワーズワースの住んでいたライダル・マウントとダブ・コテージの中間地点に位置し、晩年のワーズワースがライダル・マウントからよく眺めていたといわれるワーズワースとゆかりの深い湖。詳しくは こちら
【ラングデール】ラングデール・パイクスと呼ばれる、ごつごつとした岩肌が独特のシルエットを見せる峰や、リトル・ラングデール、グレート・ラングデールの美しい渓谷を望むことができる。詳しくはこちらにて。

グラスミア湖の西側に位置する、ラングデール・パイク山を背景にしたフットパス

西部

ワスト・ウォーター Wast Water
ハードノット・パス Hardknott Pass

【ワスト・ウォーター】周囲は11キロとそれほど大きくはないが、英国で最も深いといわれる湖。南東湖岸の一番深い部分は水深82メートルにも及ぶ。近くにイングランドで一番高いスコーフェル・パイク山があり、難易度が上のウォーキングコースとセットで楽しめる。詳細はこちらにて。

グレート・ゲーブルGreat Gable山より一望するワスト・ウォーター
【ハードノット・パス】傾斜がきつく、曲がりくねった峠道。ローマ人が2世紀に築いたといわれる砦の廃墟が見られる。最大斜度30度で、とにかくくねくねしており、初心者ドライバーと車酔いの激しい人は避けたほうが無難。
www.visitcumbria.com/wc/hardknott-pass/

写真右上:ローマ時代の城跡、ハードノット・ローマン・フォートHardknott Roman Fortから眺めた、冠雪したスコーフェル・パイク山

北部

ダーウェント・ウォーター Derwent Water
ボローデール Borrowdale
アルズウォーター Ullswater
アイラ・フォース Aira Force

【ダーウェント・ウォーター】 1855年から1903年にかけて、湖水地方でのポター家の滞在先といえばダーウェント湖畔だった。ビアトリクス・ポターの絵本に登場するベンジャミン・バニーやリスのナトキンが生まれた場所といわれる。ちなみに175年以上の歴史を誇る色鉛筆ブランド「ダーウェント」は、ケズィックを拠点に小さな鉛筆製造所から始まり、現在は世界中で愛用されるファインアートメーカーに成長している。
www.keswick.org/

ダーウェント湖近くのフットパスより

ダーウェント湖周辺は静謐に包まれ、自然と対峙するのに格好の場所
【ボローデール】 ダーウェント湖の真下に位置するボローデールは16世紀に鉛筆の芯の原料となった黒鉛(グラファイト)が初めて発見された場所。渓谷の景色が美しい。
http://www.thwaitehow.co.uk/borrowdale/

ボローデール近くのサルミアThirlmere湖の水際で遊ぶ鴨たち。

アイラ・フォース
【アルズウォーター】 湖水地方の中で2番目に大きな湖。ウィンダミアからアルズウォーターへと向かう途中にあるカークストン・パスKirkstone Passは最大斜度22.5度、標高450メートルの険しい坂道となっており、車で蛇行しながらダイナミックな渓谷を眺めることができる。
www.ullswater.com
【アイラ・フォース】 アルズウォーターまで来たら、ぜひ訪れたいのがアイラ・フォース。フォースは滝Forceの意味で、ここは湖水地方の中でも最も壮麗な滝と称えられている。日本の華厳の滝の100分の1ほどのスケールで拍子抜けする日本人観光客も少なくないが、紅葉スポットとしてはオススメ。車では至近まで行くことができず、駐車場から歩いて約20分ほど。

The Borrowdale Hotel
ボローデール・ホテル

Borrowdale, Keswick, Cumbria CA12 5UY
Tel. 017687 77224
Fax. 017687 77338
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
www.lakedistricthotels.net

北部のケズィックを訪れたら、ぜひ利用したいのがこのボローデール・ホテル。ウォーキングに最適のダーウェント湖をのぞむ河畔に位置する同ホテルは、観光アトラクションが集中する南部にはない静けさと景色を堪能させてくる。ワーズワースの生家のある北西部のコッカーマス(英語の発音ではコカマウスに近い)や南部のウィンダミアへも車で約20~30分と便利で、今まで南部だけしか訪れたことのなかった人や、さらに大自然を満喫したいという人にとってはもってこいのロケーションだ。 決して大きくはないがアットホームな雰囲気に包まれ、心地よいサービスでもてなしてくれる。ちなみにペット連れも歓待しており、取材班が宿泊した際もラウンジやバーで主人に連れそう犬たちがいた。

ピーター・ラビット誕生の地

Beatrix Potter
ビアトリクス・ポター 1866-1943

日本ではキューピーマヨネーズの初代キャラクターとしてコマーシャルなどでもお馴染みのピーター・ラビット。湖水地方を訪れる日本人観光客の最大の動機づけになっているといっても過言ではない存在だ。この青いジャケットを着たうさぎは、ポターが知人の息子に宛てた絵手紙に初めて登場し、1901年に「ピーター・ラビットのおはなし」という絵本としてまとめられ、翌年出版された。シリーズとしては全23冊、25のストーリーがあり、これまでに全世界で1億5千万部の累計発行部数を誇るほどの人気を得ている。 ポターは良家の子女としてロンドンに生まれ、湖水地方やスコットランドの別荘で夏を過ごしていた。彼女の物語は幼少時代から観察し、スケッチしていた動物や植物から着想を得ている。16歳のときに初めて湖水地方を訪れてから、その自然の美しさに魅了されたポターは、牧師であり、ナショナル・トラスト運動の創始者のひとりであるハードウィック・ローズリーの影響もあり、湖水地方地区の環境保護に強い関心を抱くようになる。
絵本の出版を強く薦めたのもローズリーだった。著作権使用料を得、両親から遺産を譲り受けたポターは大好きな湖水地方の土地を次々と買い上げ、晩年には牧羊場を購入、経営した。14の農場と4千エーカーにおよぶこれらの土地は彼女の遺言によりナショナル・トラストに預けられ、今もその美しさが失われないよう保たれている。
2006年に公開されたレネ・ゼルウィガー主演の『ミス・ポター』は、ポターの人生やピーター・ラビットシリーズ出版への道のりを描いた彼女の伝記的な映画。婚約してまもなく死別してしまった編集者ノーマン・ウォーン(ユアン・マクレガー演)とのはかない恋も描かれている。湖水地方でのロケも実現し、美しい大自然の映像も盛り込まれているのでまた観ていない方は要チェックだ。
ビアトリクス・ポターの世界
近年3億円もの改装費をかけて生まれ変わった同館では、それぞれの物語が見事に再現され、絵本の中に迷い込んだような気持ちにさせられる。ピーター・ラビットと記念撮影ができたり、絵本に登場する風景をガイド付きでめぐるウォーキングツアーに参加できたり、スコーンづくりを体験できたりするなど、親子連れで楽しめるアトラクションも盛りだくさん。ピーター・ラビットの関連グッズも豊富に取り揃えられているので、お土産探しにも便利。
ピーター・ラビットに登場するキャラクター
ピーター・ラビット マクレガーさんの畑で野菜をこっそり食べていたところを見つかったピーターは大急ぎで逃げるが、その時、大事な上着を脱ぎ捨ててきてしまう。
あひるのジマイマ 自分が産んだ卵がすべて農家の人にとりあげられてしまっていたジマイマは親切な紳士に誘われ、彼の家で卵を産み、孵そうとする。しかし、その紳士は 実はずるいキツネだった…。
ティギーおばさん ルーシーという少女はおっちょこちょいで何度もハンカチを失くす。ある日、失くしたハンカチを探していると、彼女のハンカチを干しているハリネズミのティギーおばさんに出くわす。
子ぶたのブランド 子ぶたのブランドは市場に行く途中、森で迷い、見知らぬ人の小屋で一夜を過ごすことになる。しかし、そこには女の子ぶたウィグが閉じ込められていて、ブランドは逃げるように忠告される。
ヒル・トップ
1903年にウィンダミア湖の側にあるニアソーリーの牧草地を購入したポターはその翌々年、同じくニアソーリーの小さな家、ヒル・トップと農場を購入する。ここで8年間、7冊の本を書き上げた。ヒル・トップの玄関や暖炉、階段、その周りの風景や小道は絵本の中にそのまま描かれており、絵本を手にとって見比べることができる。その他、絵本原画やポター愛用の品々が展示されている。
ナショナル・トラスト
史的建築物や自然的景勝地の保護を目的として1895年に上述のハードウィック・ローンズリー他2名によって英国に設立されたナショナル・トラストは、国からの援助に一切頼らず、すべて会員から募った資金で運営されている慈善団体。20世紀に入り、社会全体の生活水準が高まる中、貴族階級の経済力が衰え、彼らの所有する歴史的建造物や土地などが荒れ果てるケースが続出したため、これらを保全する意味で運動が始まった。私的機関としては英国で最大の土地を保有しており、現在、海外会員を含め、200万人もの会員が所属している。

水仙に魅せられて

William Wordsworth
ワーズワース 1770-1850

ピーター・ラビットほど日本人に馴染みはないかも知れないが、19世紀の英国ロマン派を代表する自然詩人として明治・大正文学に大きな影響を与えたといわれるワーズワースも、湖水地方を語る上で欠かせない人物だ。彼は湖水地方で生まれ、故郷をこよなく愛し、故郷の自然を詠うことに一生を捧げた。8歳で母を、13歳で父を失くしたワーズワースにとって、自然の美しさが心の慰めであり、支えだったといわれる。ケンブリッジ大学在学中および卒業後には革命時のフランスを訪れ、一時共和主義に傾倒し、愛する女性との間に子供を設けてフランス移住も考えたが、英仏の関係悪化により結婚できないまま英国に引き戻されてしまう。その後は恐怖政治と化したフランス革命に幻滅を抱き、ドイツ、スイスなどを旅行し、旅先で自伝的作品「序曲(プレリュード)」を書き始めた。帰国後は湖水地方に落ち着き、幼馴染であったメアリー・ハチンソンと結婚、80歳で亡くなるまで湖水地方で詩作活動を続けた。25歳の時に、ワーズワースの友人の弟で彼の大ファンだった人物が亡くなり、ワーズワースに多額の遺産を残したため、彼は若い頃から比較的経済的に安定した生活を送ることができた。1843年には桂冠詩人となっている。
妹ドロシーの存在
ワーズワースの詩作活動を、生涯を通じて支えたのが、生涯独身を貫き、兄の片腕として一生を送った妹のドロシー。彼女は生活・行動のほとんどをワーズワースと共有し、それは彼が結婚してからも変わることがなかった。ドロシーもまた詩人であり、彼女の詠んだ「仔鶉の詩」には「私は兄を愛している。おそらく独占欲とも言える形で。だから、明日行われる兄の結婚を控えて、今、これほどまでに苦しんでいるのだ。表に出してはならない感情ゆえにこそ、これほどまでに苦しく、切なく、心に血の涙を迸らせて…。」と綴られている。ワーズワースの書いた「ルーシー詩篇」もまた、公にはできない妹への愛を詩として昇華させたものという説があり、文人たちの間ではその強い愛情は「兄妹の絆を越えたもの」と囁かれていた。現在のワーズワース研究の多くはドロシーの日記から判明したことも多く、ワーズワースの名を世界に知らしめる上でもドロシーは大きく貢献した。
ダブ・コテージ
1799年から1808年にかけてワーズワースが住んでいた家。妹のドロシーと引越してきて以来、「水仙The Daffodils」などの代表作を書き残し、ワーズワースが最も幸せだったといわれる時期を過ごした場所。もともとは17世紀に「the Dove and Olive鳩とオリーブの枝」という名の旅籠として建てられたもので、石壁とスレート屋根からなる建物内にはその昔、バーや食料貯蔵庫として使われていた部屋があり、全体に日が差し込まず暗い印象。実際に使われていた家具が置かれており、当時の生活の様子を垣間見ることができる。現在ワーズワース・トラストの所有で、隣接したワーズワース&グラスミア博物館では、ワーズワースの草稿や書籍、肖像画だけでなく、英国ロマン派に関する書物、写真などが所蔵、展示されている。
ライダル・マウント

1813年から50年までの37年間を暮らした家。妻メアリーとの間に3人の子を設けたワーズワースとその一家にとってダブ・コテージは手狭になり、ライダル・マウントに引越してきた。妹のドロシーとメアリーの妹も同居していたとされ、合計7人がここで暮らした。ダブ・コテージと比べると広々としており、日がよく差し込んで明るく、壮年期から晩年の詩人の生活が裕福だったことが窺える。ワーズワースがデザインしたという4.5エーカーに及ぶ庭が見物で、ここからはウィンダミア、ライダル・ウォーターの両湖が見える。ワーズワースの曾孫によって買い戻され、現在個人所有だが、1970年から一般公開されている。

Travel Information

※2008年9月1日現在

アクセス

ロンドンからはM1でノーサンプトンNorthamptonを通過、レスターLeicesterの手前でM6にのり、ジャンクション36で降りてA591でウィンダミアまで、あるいはジャンクション37で降りてA66でケズィックまで。ちなみにロンドンまでの帰路は、ウィンダミアからケンダルへ出てM6にのり南下するのが一般的だが、コッカーマスやケズィックなどの北部に滞在していた場合は北東部のペンリスまで出てそこからM6にのるのも手。ジャンクション37にあるKillington Service Areaでは美しい湖の景色を望みながら食事ができるので、ぜひお立ち寄りいただきたい。
電車
ロンドン・ユーストン駅からオクスンホルム・レイク・ディストリクトOxenholme Lake Districtまで約3時間半。オクスンホルム・レイク・ディストリクトからウィンダミアまで湖水線で約20分。
コーチ
ロンドン・ヴィクトリア・コーチ・ステーションからウィンダミアまで約7時間。

Dove Cottage
ダブ・コテージ ①

The Wordsworth Trust, Dove Cottage, Grasmere, Cumbria LA22 9SH
Tel: 01539 63514
www.wordsworth.org.uk/

Rydal Mount
ライダル・マウント ②

Ambleside, Cumbria LA22 9LU
Tel: 015394 33002
www.rydalmount.co.uk

Wordsworth House
ワーズワース・ハウス ③

Main Street, Cockermouth, Cumbria CA13 9RX
Tel: 01900 820884 (Infoline)

Hill Top
ヒル・トップ ⑤

Near Sawrey, Hawkshead, Ambleside, Cumbria LA22 0LF
Tel: 015394 36269
www.nationaltrust.org.uk/hill-top www.nationaltrust.org.uk/beatrixpotter

The Grasmere Gingerbread shop
グラスミア・ジンジャーブレッド・ショップ ④

グラスミアには、ワーズワースの住んでいたダブ・コテージのほかに、もうひとつ忘れてはいけない名所がある。150年前と同じレシピで作られているというジンジャーブレッド(ブレッドというより硬めのクッキー=写真右)の店だ。建物自体は1630年に建てられたもので、その昔ワーズワースも教鞭をとり、息子のジョンも通ったといわれる小さな学校だった。1815年、貧しい家に生まれたサラ・ネルソンは若くして奉公を始め、後に公爵令嬢の元で料理人として働く。ここでフレンチシェフに腕を認められたサラはケーキやペーストリーを作るようになり、彼女の作るお菓子は公爵令嬢や招待客の間で好評を博したという。新しい学校が建てられ、この小さな学校が閉鎖されると、サラはここに移り住み、毎日ジンジャーブレッドを焼いて往来の人々に売り始めた。代々守り抜かれてきた秘伝中の秘伝といわれるレシピによる独特の味は、真似ようとしても誰も作り出すことができないという。
Church Cottage, Grasmere, Ambleside, Cumbria LA22 9SW
Tel: 015394 35428
www.grasmeregingerbread.co.uk

Beatrix Potter Gallery
ビアトリクス・ポター・ギャラリー ⑥

Main Street, Hawkshead, Cumbria LA23 0NS
Tel: 015394 36355

The World of Beatrix Potter Attraction
ビアトリクス・ポターの世界 ⑦

Bowness-on-Windermere, Cumbria LA23 3BX
Tel: 015394 88444
www.hop-skip-jump.com

※番号は上のMAPと対応

週刊ジャーニー No.541(2008年9月18日)掲載