宗教対立や権力闘争が激化する激動の時代に、3度の結婚と死別を繰り返し、長い幽閉生活の末に断頭台で命を散らせた美貌のスコットランド女王、メアリー・ステュアート。今号では、フランス、スコットランド、イングランドの「3つの王冠」に翻弄された、メアリーの波乱の生涯をたどってみたい。

●グレート・ブリトンズ●取材・執筆/本誌編集部

1568年5月13日、スコットランド南端。
土埃をあげながら、一心不乱に馬で駆け抜ける一群がいた。その数、およそ20騎。多少遠回りになろうとも人目につくような町を避け、身体を休める時間も惜しんで、ひたすら駆け続けている。彼らが目指す先は、隣国イングランド。スコットランドとイングランドの間に広がるソルウェー湾まで行き、そこから小舟に乗って対岸のイングランドへ渡るという筋書きだ。
この命がけでスコットランド脱出を図る騎馬集団の中に、男性たちに引けを取らない見事な手綱さばきを見せる、一人の若い女性の姿があった。灰暗色の飾り気のないローブが身をすっぽりと覆っているものの、凛とした気品は隠せておらず、フードの陰から整った容貌が時折のぞく。彼女の名前はメアリー・ステュアート。自由と権力を取り戻すために、一縷の望みをかけて従姉エリザベス1世が治めるイングランドへと向かう、25歳の「元」スコットランド女王だった――。

生後6日で女王に即位

フランスの王太子フランソワ(左、14歳)とメアリー(15歳)の結婚生活は、2年半で終わった。

メアリーは1542年12月8日、スコットランド王ジェームズ5世の長女として、リンリスゴー宮殿で誕生。しかしながら、父王は国境沿いで起きたイングランドとの戦いで命を落とし、メアリーは出生から6日後の12月14日、スコットランド王位を継承した。
当時のスコットランドとイングランドは、宗教や領土をめぐり対立していた。英国国教(以降、プロテスタントと記載)を創設したイングランド王ヘンリー8世は、息子(のちのエドワード6世)とメアリーの婚約を一方的に押しつけ、スコットランドを手に入れようと画策する。ところが幸いにも、ヘンリー8世が間を置かずに死去したことから、スコットランド側は「婚約無効」を宣言。メアリーはスコットランドと同様にカトリックを信仰するフランスの王太子の元へ嫁ぐことが決まり、5歳で海を渡っていった。
フランス宮廷で大切に養育されたメアリーは1558年、15歳のときに1歳下の王太子フランソワと結婚。卵型の顔、透き通るような白い肌、大きな目と艶やかな髪を持つ、輝くばかりに美しい王太子妃の誕生に、フランス国民は熱狂した。幼馴染として共に学び育った2人は、とても仲の良い夫婦だった。
しかし翌年、国王アンリ2世が馬上槍試合で負った傷により急逝。若干15歳の王太子が、フランソワ2世として即位することになってしまう。メアリー自身、これほど早く「フランス王妃」になるとは想像していなかったはずだ。スコットランドとフランスの2つの冠を戴いたこの時が、おそらく人生の絶頂期だったのではないだろうか。以降、坂道を転がり落ちるように、彼女の人生は転落の一途をたどっていくことになる。