献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz

ワインにまつわる今月のトピック:クルージング&ピクニックにあうワイン

車の普通運転免許で操縦できるレンタル・ボート

5月に入り、いよいよ行楽シーズンの到来だ。芝生の上で、あるいは、気温が上がればビーチでと野外での食事も計画できるようになる。今回はちょっと変わったところで、家族や友人同士でボートを借り、テムズ河をクルージングしながらのピクニックをご提案したい。

ロンドンのウォータールー駅からサウス・ウェスタン・レールウェイのウィンザー・アンド・イートン・リバーサイドWindsor and Eton Riverside行きの電車に乗って55分、ダシェットDatchet駅で下車。駅から徒歩3分のテムズ河沿いにクリス・クルーズKris Cruise(www.kriscruisers.co.ukというレンタル・ボート店がある(車の場合はM4のジャンクション5でおり、そこから5分ほどでクリス・クルーズの駐車場に着く)。車の普通免許証さえあれば、ここでボートを借りて運転することができ、河沿いの眺めを堪能しながらピクニックが楽しめる。ボートをレンタルすると、事前に運転(操縦)の仕方や安全航行についての説明があり、筆者の経験からいうと、初心者でも運転は難しくない。2~12人乗り用のボートが各種あり、例えば6人乗りの「Little Lady」=写真上=なら週末4時間136ポンド、終日181ポンドで、6人で利用すれば1人あたり23~30ポンドほどの計算になる(料金は2024年5月現在のもの。事前予約必須)。

テムズ河で「ロック」を体験

筆者のお薦めはウィンザーやその対岸のイートン、さらには、ウィンザー競馬場やブレイBray(3星レストランのファット・ダックのある村)を通り、エドワード朝のパント全盛期の面影を残すメイデンヘッドへと進むルート。途中、前後に2つの水門のある「ロックLock」(閘門=こうもん)を通る。これは、その2つの水門を閉じて作られるプールのような区画内にボートを停泊させ、水位を上下させて船を通航させる仕組み。日本ではあまり見かけないため、子供さんの勉強にもなりそうだ。なお、クルージングには動きやすい服装、デッキシューズなどの滑りづらい平底の靴、日よけの帽子(風に飛ばされないようにあごに掛けられるひも付きがよい)、日焼け止めクリームなどを用意すると万全だ。自分で運転するのはどうも…という方には、他社になるが同じルートを観覧ボートで巡るチョイスもある(www.frenchbrothers.co.uk/public-trips/windsor-2-hour-round-trip=写真上。

アルコール度の低い爽やかなワインがお薦め

さて、ボートを停泊させてランチとしゃれこもう。もちろんボート上でも良いし、日帰り用のボートでトイレがついていない場合、レンタル時にマップをもらってトイレの場所を確認してからピクニックの場所を選ぶのもいいだろう。サンドイッチ、サラダ、コロネーション・チキン、スモークサーモンのほか、から揚げやお結びといった日本食にあわせ、飲み物はワイン、ジュース、ミネラル・ウォーターなど好きなものを揃えるとよいが、熱いものは避けよう(船上では急に揺れ、こぼしてヤケドをする恐れがあるため)。また、ワインについては、アルコール度の低い、フレッシュで爽やかな白やロゼが最適。冷やすには、保冷ケースに氷を入れて持ち込むと便利だ。また、言うまでもないが、ボートは飲酒運転厳禁。お気の毒だが運転担当者にはノンアルコール・ドリンクを用意しておきたい。

クルージングにぴったりのワインとしてご紹介したいのは次の3本。白のプロセッコ、ヴァルド・オロ・プロ・プロセッコ・スペリオーレ・ヴァルドッビアデネValdo Oro Puro Prosecco Superiore Valdobbiadene DOCG(アルコール度11%/ウェイトローズで13.99ポンドのところ、今なら8.99ポンド)=写真右、ロゼのプロセッコ、ラ・ジョイオーサ・プロセッコ・ロゼ・DOC ミレジマートLa Gioiosa Prosecco Rosé DOC Millesimato(アルコール度11%/ウェイトローズで10.49ポンド)、白ワインのテスコ・ファイネスト・ヴィーニャ・デル・レイ・アルバリーニョTesco Finest Viñas del Rey Albariño, Spain 2022(アルコール度12.5%/テスコにて11ポンド)。では、テムズ河沿いで素敵なひと時を!


週刊ジャーニー No.1341(2024年5月9日)掲載

ミヨコ・スティーブンソン Miyoko Stevenson

WSETディプロマ取得。Circle of Wine Writers会員。Chevalier du Tastevin(利き酒騎士)団員。Jurade de St-Emilion団員。Ordre des Coteaux de Champagne団員。国際日本酒利き酒師。The Guild of Freemen of the City of London会員。ワイン関連の訳書・著書あり。
www.miyokostevenson.co.uk
e-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー