献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz

▲このクオリティで6コース£45は神レベルのコスパ。©Instagram

シャーロット・ストリート。人気のレストランが集まる通りだ。友人ご夫妻に誘われて3月中旬日曜日「Six by Nico」に行ってみた。2017年、グラスゴーに1号店をオープン。今やマンチェスターやベルファストなどに14支店を構えるイケイケ破竹店。ロンドンにはシャーロット・ストリートの他、カナリーウォーフに進出済み。コンセプトがユニーク。世界各地の美食からインスパイアされた6つのテイスティング・コース料理。メニューは6週間ごとに総取り換えの6×6。今回は「ハノイ」がテーマだったが過去には「パリ」や「東京」も。6コース料理は2024年春の時点で1人£45と超リーズナブル。マッチングワイン(£38)を選択すれば6種のワインを堪能できる。6週間毎のメニュー入れ替えはシェフもスタッフもアタフタ。大変だろうけど確実に面白い。「本日のおすすめ」が10年変わらない店のオヤジに教えてやりたい。同行した知人は日本から出張者が来るとここを利用するという。メニューもワインもお任せなので楽ちんちんでコスパグー。なるほど。1度試す価値あり。(たべ太蔵)

左=この日のコンセプトはベトナムの「ハノイ」。「クラシック」と「ベジタリアン」がある。「クラシック」第3のメニュー「Bun Bo」はスモークトビーフに骨髄のスープを注いで野菜と一緒にいただく香り高い1品。 右=第4のメニュー「Cha Ca La Vong」。 白身魚と香草やスパイスが複雑に交差する最もベトナムらしかった1品。
JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK
左=第6のメニューはデザートの「Banh Troi Tau」。ライムとジンジャーのムース。レシピだけ見ると少し腰が引けるが実際は甘くて軽くて美味しい。コースの仕上げにふさわしい軽やかさ。 右=仕掛人はスコットランド出身のシェフ、ニコ・シメオニ(Nico Simeone)氏。定期的に世界を旅して美食探求中。©Instagram

総合評価 4.1

 

食事

 

サービス

 

雰囲気

 

お値段(1人分・ドリンク抜き)

£45

Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental

Six by Nico Fitzrovia

41 Charlotte Street, Fitzrovia, London W1T 1RR
Tel: 020 7580 8143
www.sixbynico.co.uk/london

Opening hours

Mon-Sun 12:00-23:45

Six by Nico Canary Wharf

Chancellor Passage,
Canary Wharf, London E14 5EA
[powr-reviews id="ca509fb8_1715617818"]

週刊ジャーニー No.1341(2024年5月9日号)掲載


Restaurant
Joke
Henry Q&A
Travel Guide
London Trend
Survivor
Great Britons
Afternoon Tea
その他の記事
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー