献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz

▲和を感じさせる格子状のインテリアと清潔感溢れる明るい店内は印象グー。

2018年、フィッツロヴィア地区にオープンしたロヴィ。かつて野菜中心のデリやレストランで一世風靡したイスラエル人シェフ、ヨタム・オットレンギ氏の最新店。中東のスパイスを巧みに使ったレシピは意識高い系女子のハートを鷲掴み。その後オットレンギ氏がどう進化したのか知りたくてロヴィに行ってみた。モダンで清潔感漂う広い店内は障子張りのような、和を感じさせる佇まい。この日の客層は我々以外白人率100%。今どき珍しい。ベジ中心ヘルシー志向でちょい高めとなるとこうなるの? 以前より肉や魚のメニューが増えた印象。前菜はボリュームがあるので2人で前菜3品、メインを1皿とする人も多い。美味しいけどスパイスの組み合わせがより複雑となり、頭の中が混乱する瞬間も。スパイスとして「青のり」や「鰹節」が使われ、かなり和が意識されている感じ。大根のピクルスも「沢庵」そのもの。色々チャレンジしているけど、かつてお皿の上にあった華やかさが薄れた印象。無国籍料理は好きだけど、混ざり過ぎるとややこしい。期待値が高かっただけにちょっと残念、かな。(たべ太蔵)

左=イタリア原産チコリの一種ラディッキオとゴルゴンゾーラチーズのサラダ。ゴルゴンゾーラがちょっと強い。鰹節が香る1品。£15.50 右= ホゲットラム(Hogget Lamb)。本来ホゲットは春・夏を2度過ごした少し大人のラムのこと。少し臭みが出るころだけどより熟して美味しい。£21.00
JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK
左=イスラエル・ミックスグリル。チキンはレバーや心臓も含まれますがと念を押された1皿。青のり香り、どことなく和を感じる。£36.00 右=ヨタム・オットレンギ氏。大学教授(化学)の父親と高校の校長だった母親の間に生まれ、本人もイスラエル大学卒のインテリ。飽くなき味覚の追究は研究肌の父親譲りなのかしら。

総合評価 4.0

 

食事

 

サービス

 

雰囲気

 

お値段(1人分・ドリンク抜き)

£45~50

Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental

Rovi

59 Wells Street, London W1A 3AE
Tel: 020 3963 8270
https://ottolenghi.co.uk/restaurants/rovi

Opening hours

Mon-Thu 12:00-15:00 / 17:00-22:30
Fri 12:00-15:30 / 17:00-22:30
Sat 12:00-15:30 / 17:30-22:30
Sun 12:00-15:30 / ディナーは休み

[powr-reviews id="b16fff8a_1712674087"]

週刊ジャーニー No.1336(2024年4月4日号)掲載


Restaurant
Joke
Henry Q&A
Travel Guide
London Trend
Survivor
Great Britons
Afternoon Tea
その他の記事
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー