献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz

▲中東やモンゴル、東南アジア、和食っぽさもあってテーブル上が楽しい。

中国通の知人から「美味しいウイグル料理の店がある」と聞かされた。しかし「マジか。そりゃ行かなきゃ」と興奮はしない。なぜってウイグル料理、知らな過ぎ。新疆ウイグル自治区。今は中国の一部だけど別名「東トルキスタン」。その名の通りトルコ系だ。ロシアやモンゴル、インドなど8ヵ国と国境を接するため、食事も実に国際色豊か。トルコやモンゴルのようでもありインド料理の影響もみられ、中華色はむしろ希薄。なんか面白そうなので春節前夜に行ってみた。ホルボーン駅から徒歩8分位。細長の小さな店だ。ウイグルはイスラム圏。なのでメニュー表紙に「ハラル」のロゴ。元々遊牧民の国なのでお肉の主役は羊。串焼きからケバブ、餃子や焼きうどん、肉詰めピザのようなものなど異文化ごちゃ混ぜ感が半端ない。頭の中で久保田早紀の「異邦人」が鳴り響く。食事は安くて美味しい。店員さんも人懐こい。ただ羊料理が多いので苦手な人は苦労するかも。残念ながらアルコール類を置いていないので食後はパブに直行だ。「出会えてよかったウイグル料理」を実感できる店。お薦めです。(たべ太蔵)

左=左は羊肉饅頭、ウイグル・サムサ。肉の塊がゴロゴロ。なんとなく醤油味を思わせる美味しい前菜。1つ£3.95。右は東南アジアを思い出すピリ辛の美味しいウイグルサラダ。£7.95 右=みんな食べてるウイグル・ケバブ。日本人好みの濃厚な味付けにマリネされ、柔らかくグリルされたラム肉。1本£4.95はお値打ち。
JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK
左=中央アジア全域で食べられている手延べ麺のラグマン。コシの強いうどんみたいで美味しい。人気の1品。これはぜひ。£14.95 右= ウイグル・マンティ。中国語だと薄皮包子。これも中身はラム肉。薄皮と言いながらそこそこ厚皮。お腹が膨れる。繊細さで言えば日本の餃子の勝ちー、かな。£16.95

総合評価 4.2

 

食事

 

サービス

 

雰囲気

 

お値段(1人分・ドリンク抜き)

£20~25

Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental

Tarim Uyghur Restaurant

35 Theobalds Road, London WC1X 8SP
Tel: 020 3620 6859
https://tarimuyghurrestaurant.co.uk

Opening hours

Mon-Sun 11:30-21:30
※ラストオーダーは午後9時頃
※アルコール飲料なし

[powr-reviews id="4f27d426_1712163050"]

週刊ジャーニー No.1335(2024年3月28日号)掲載


Restaurant
Joke
Henry Q&A
Travel Guide
London Trend
Survivor
Great Britons
Afternoon Tea
その他の記事
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー