ニューヨーク・メッツ対フィラデルフィア・フィリーズ
ニューヨーク・メッツ対フィラデルフィア・フィリーズ

▲食材が揃うとなかなか壮観。さあ、火鍋パーティーの始まりだ。

中国内モンゴル自治区包頭(パオトウ)発祥という火鍋専門店。中国人の友人から美味しいと聞き行ってみた。店内は広くて内装も豪華&清潔感が漂う。予約していったけどポップイン客がいっぱいで結構混沌。取材班2人で10分ほど待って6人は座れそうなテーブルへ。注文はメニューに書き込むスタイル。食材の豊富さに戸惑い、感じの良いスタッフさんの助けを借りながらまずはブロス(スープ)2種を決定。その後、肉や魚介類、野菜やモチ、仕上げ用にヌードルを注文。モンゴルと言えば羊肉。なので一番のメインは薄切りラム。エビも外せない。ブロスと食材があっという間に運ばれてきて早速火鍋だGO。鍋料理には慣れた身だけどモンゴル式はちょっと独特。ジックリ煮、チョイ煮、数秒しゃぶしゃぶの食材が自在に混ざり合って攻め方独特。初め慣れずに少しだけアタフタ。お腹パンパンにいただいてお勘定してみたら予想より2割方お安い感じに狂喜乱舞。おしゃれで量あり、お値段リーズナブル。4~6人の仲間と行けばより楽しめそう。ベイズウォーターにも支店あり。一度、お試しあれ。(たべ太蔵)

左=ちょっと気張ってサシ多目のプレミアム・マーブル・ラム £14.80。ラム以外に牛肉もある。 右=手前はマッシュルームプラッター £7.80。中央がトビッコ入りフィッシュボール。これが美味しい £7.80。左奥が〆用のホットポットヌードル。うどんのようでこれまた外せない。ぜひどうぞ £5.98。
JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK
左=海鮮は単品もあるけれどエビ、ムール貝、ヒラメと思しき白身魚とカニカマのシーフードプラッターがおススメ。これで£15.80って、かなりのお得感。左は湯葉 £4.80。 右=ピカデリーサーカスの火鍋店ハイディラオ同様、広くて清潔で近代的なインテリア。オーナーの代替わりで中華料理のイメージも変わりつつある。

総合評価 4.1

 

食事

 

サービス

 

雰囲気

 

お値段(1人分・ドリンク抜き)

£35~40

Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental

Happy Lamb Hot Pot (Holborn)

2 New Oxford Street, London WC1A 1AD
Tel: 020 7971 1820
https://happylambuk.com

Opening hours

Mon-Sun 12:00-22:00

[powr-reviews id="7c68986f_1684340060"]

週刊ジャーニー No.1291(2023年5月18日)掲載


Restaurant
Joke
Henry Q&A
Travel Guide
London Trend
Survivor
Great Britons
Afternoon Tea
その他の記事
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー