ベトナム料理の定番ヌードル「フォーpho」。旨みたっぷり、優しい味!

エスニック料理の中でも日本人に人気の高いベトナム料理。少々「なんちゃって」のニオイがするチェーン店とは異なり、本格的なベトナム料理が楽しめるのがこの「ル・ハノイ」。取材班2人は、まずはお約束の生春巻き(当日はマンゴー入りのスペシャル版にトライ)と、ひき肉ソースがけ焼きなす(piggy aubergine)からスタート。メインには、器の下からホンモノの火であぶってくれる、キャンプファイヤー・ステーキ(牛肉)、レア・ビーフ入りフォー(レアといっても熱いスープの上にのせるため、かなり火が通る)、そして隠れた絶品と呼びたくなるほど美味しい、卵炒飯(egg fried rice)を選択。人数が多ければ、クリスピー・パンケーキやエビ&マンゴー・サラダ、グリルド・ダックなども頼みたいところだが、今回は2人のみなのでもう満腹、デザートの余地もなし。食事代で36ポンド(飲み物別)。ロンドン中華街のど真ん中という立地も良く、中華じゃない料理も食べたいけど、洋物のムードでもないんだよね、というツーリストにもおすすめ。リストに追加(プラスワン)しておくとイザという時結構役立つ1店です。

(左)塩加減が絶妙の卵炒飯。
(右)少し甘いタレと好相性の焼きなす。
(左)やっぱりはずせない、生春巻きsummer rolls。
(右)キャンプファイヤー・ステーキ。

Le Hanoi

4 Macclesfield Street, London W1D 6AX
020 7287 0288
www.lehanoi.uk/

OPENING HOURS

Mon-Thu 11:00-23:00
Fri&Sat 11:00-23:30
Sun 11:00-22:30

週刊ジャーニー No.1111(2019年11月7日)掲載


その他の記事