ローマ人が食べてる本物のカルボナーラ

12分£ 2.60

ローマ人が食べている本格的なカルボナーラが食べたくて、イタリアンデリで人生初のグアンチャーレ(guanciale=豚頬肉のハム)とペコリーノロマーノチーズをゲット。全卵か黄身のみかはローマでも意見が分かれるらしい。今回は全卵でGO‼

1人前

  • スパゲティ(乾麺)…100~120g
  • グアンチャーレ(豚頬肉のハム)…50g
  • ペコリーノロマーノチーズ…30~50g
  • 卵…1個
  • 黒こしょう…小さじ1/2
  • 塩(パスタ茹で用)…適量

作り方

1

これが豚頬肉(豚トロ)のハム、憧れのグアンチャーレ。100グラムで4ポンド。この脂が溶けて最高のソースになる。手に入らなければパンチェッタ(塩漬けした豚バラ肉)で。

2

グアンチャーレはセージやローズマリーなどのハーブで味付けされている。外皮を削り取ったら薄切りにして細かく切る。

3

スパゲティを茹で始める。塩は湯の量の1%弱。中火でグアンチャーレを焦がさないように焼いていき、脂が出てカリカリになったら火を止める。

4

その間、ボウルに卵を割入れ、ペコリーノロマーノチーズを削り入れたら、黒こしょうを小さじ半分ほど加え、よく混ぜておく。

5

茹で上がったパスタをフライパンに移す。フライパンの火はオフのまま。パスタの茹で汁をお玉に2杯ほど入れたら点火し、弱火にする。

6

ボウルにもパスタの茹で汁をお玉に1杯入れて、よく混ぜたらフライパンに移してゴムベラでよく混ぜる。

7

卵がスクランブルエッグにならないよう弱火でかき混ぜ続け、ソースが足りなくなったら茹で汁を足す。卵にぎりぎり火が入ったら、お皿に盛って出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1266(2022年11月17日)掲載