オシャレで美味しい チキン・カプレーゼ

20分£ 3.80

カプレーゼってのは青の洞窟があるカプリ島風って意味。トマト、モッツァレラ、バジルの葉の3点セット使ってりゃカプレーゼって言っていい感じ。なので南イタリアのカプリ島のレシピって訳じゃないけど、トマトとモッツァレラの黄金コンビ使って外す方が難しい。ビックリするくらい簡単な1皿。お試しあれ。

2人前

  • 鶏むね肉…2枚
  • プチトマト…12個
  • にんにく(みじん切り)…2片
  • バジル…16枚くらい
  • 塩こしょう…適量
  • モッツァレラチーズ…1個
  • 白ワイン…50ml
  • オリーブオイル…大さじ2

作り方

1

鶏むね肉は分厚いので2枚におろす。その後、ラップを上にかけてからテンダライザー(なければガラスびんなどの底でもOK)でぶっ叩いて平たくしたら、両面に軽く塩こしょうする。

2

フライパンにオリーブオイルをひき、1の鶏肉を強火で両面合計5分ほど焼いたらお皿に取り出す。

3

同じフライパンににんにく、トマトを入れ中火で炒める。白ワインを加え、バジルの葉を8枚くらい千切って入れる。

4

2の鶏肉を戻し、弱火で10分程度火を入れていく。

5

ソースの味見をして塩こしょうで調える。バジルの葉を4枚くらい追加。

6

モッツァレラチーズをスライスして鶏肉の上に置いていく。

7

ふたをして4~5分。チーズが完全に溶けたらお皿に盛って、残りのバジルを飾れば出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1255(2022年9月1日)掲載