おフランスのお惣菜リークのヴィネグレッテ

10分£ 1.90

ポッロ(伊)、ポアロー(仏)、リーク(英)と呼ばれる西洋ネギ。細い日本のネギに慣れているとどう使っていいか戸惑う太さだけど、火を入れるとトロトロになった上、甘くて美味しいのよね。今回はおフランスの方々がやっているという簡単なお惣菜。美味しいわー。

2人前

  • リーク(leek)…3本
  • ディジョンマスタード…小さじ2
  • サラダ油…100ml
  • 米酢(白ワインヴィネガーでも可)…25ml
  • 塩こしょう…少々
  • 砂糖(お好みで。なくても可)…小さじ1/3

作り方

1

リークは根元を切り落とし、さらに3分の1の長さにカットする。食べやすいようにさらにその半分の長さでもいい。というか、その方がベター。

2

お鍋にたっぷりお湯を沸かしたらまず、下の部分の固い方を茹でる。

3

2分ほど茹でたら残りの上の部分も全部入れ、7~8分ほど茹でる。

4

茹でている間にマリネ液を作る。ボウルにディジョンマスタード小さじ2を入れ、サラダ油を徐々に加え、ウィスカー(泡立て器)で攪拌していく。

5

酢を加えてさらに攪拌し、軽く塩こしょうする。穀物酢は加熱すると酸味が飛ぶのでグー。酢の風味がシャープ過ぎたらオプションで砂糖小さじ1/3足してもOK。

6

リークが茹で上がったら、お皿かふた付き容器などに取り出し、熱いうちに5のマリネ液を全量上からかける。

7

すぐに食べても美味しい。数時間置いてから食べても美味しい。1晩寝かせてから食べるともっと美味しい。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1244(2022年6月16日)掲載