居酒屋の最終兵器鶏手羽ぎょうざ

40分£ 5.20

練馬の小さな居酒屋のご主人がよく出してくれたっけ。仕込みに手間がかかるのでチェーン店でお目に掛かることはめったにない珠玉の1皿。この夏BBQでやったらバカ受け間違いなし!

作りやすい量

  • 鶏手羽(wing)…8本
  • 豚ひき肉…100g
  • キャベツ(スイートハート)…1.5枚程度
  • にんにく…1片
  • しょうが…1片より少し多め
  • しょう油(下味用)…大さじ2
  • 酒…大さじ2
  • 塩(キャベツ用)…ひとつまみ
  • ごま油…大さじ2
  • しょう油…大さじ2

作り方

1

鶏手羽は手羽先(wing tip)と手羽中(middle wing)だけを使うので手羽元(wing stick)は切断して他の料理に使う。中に2本ある骨を取り除く。最初に手羽先をひねって脱臼させる。

2

小さいナイフを差し入れて骨に沿って切る。細い骨と太い骨が手羽元でくっついているのでこれも切断。細い方が比較的すっと抜ける。太い骨は少し苦労。

3

骨が取れたらお肉をボウルに入れてしょう油、酒を大さじ2ずつかけて20分ほどマリネする。

4

ぎょうざのタネを作る。まずキャベツをみじん切りにしたらボウルに入れ、塩ひとつまみを加えてよく混ぜておく。

5

にんにくとしょうがをみじん切りにしてキャベツに加える。豚ひき肉を入れてごま油、しょう油各大さじ2を加え、粘りが出るまで手でよくこねる。

6

手羽の骨を抜いた部分に6のタネを指でパンパンに詰める。

7

オーブントレイにクッキングシートを敷き、そこに手羽を並べたら200℃に予熱したオーブンに入れて20分焼けば出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1238(2022年5月5日)掲載