味の決め手はトマトジュルとろタマゴがたまらない エッグ・パーガトリー

10分£ 2.80

パーガトリー(煉獄)とは中世のカトリックで死後、天国に入る前に罪の浄化を受ける場のことなんだって。知らんけど。味の決め手は一にも二にもトマト。頑張って甘くて美味しいチェリートマトをゲットせよ! 簡単すぎて笑える1品よ。

2人前

  • 卵…2個
  • チェリートマト…18~22個
  • 玉ねぎ(中)…1/2個
  • バジルの葉…10枚
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩こしょう…適量
  • パルミジャーノ・レッジャーノ…適量
  • バゲット(お好みで)…適量

作り方

1

今回はセインズベリーズ「Taste the Difference」シリーズのヴィクトリア・チェリー・ヴァイン・トマトを使用。甘くて超美味しい。

2

フライパンにオリーブオイルをひいたらみじん切りにした玉ねぎを入れ、強火で2分位炒めてしんなりさせる。

3

半分に切ったトマトとバジルの葉8枚ほどを入れ(飾り用に2枚は残しておくこと)、軽く塩こしょうをして約3分強火で火を入れる。

4

トマトを軽く押してジュースを出す。これが美味しいソースになる。

5

直径10センチのテラコッタ(ほかの耐熱容器でも可)に4を盛り、真ん中に穴を掘る。

6

真ん中に卵を落としたら200℃のオーブンかオーブントースターで4分ほど焼く。卵の表面が白くなったらOK。半熟にしておきたいので焼き過ぎ禁物。

7

軽くパルミジャーノレッジャーノチーズを削り、バジルの葉を飾ったらトーストしたバゲットを添えて召し上がーれ!

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1234(2022年4月7日)掲載