伊中合作 冷凍食品最大活用 餃子ラビオリポモドーロ

8分£ 2.50

冷凍庫に常備してある餃子。焼くのに飽きたと同時に妙にラビオリが食べたくなったので、餃子もラビオリも似たようなもんだろと思ってやってみたらこれがまあ、大当たり。お試しあれ~‼

材料 1人前

  • 冷凍餃子…6~8個
  • オリーブオイル…大さじ1
  • にんにく…1片
  • トマト缶(200g)…1缶
  • 鷹の爪…1本
  • ブラックオリーブ(あれば)…8個
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 黒コショウ…少々
  • 塩(ぎょうざ茹で用)…小さじ1
  • パルミジャーノレッジャーノ(お好みで)…適量

作り方

市販の餃子を使用(今回使ったのは味の素社製。ロンドンでは日本ハム社製も入手可)。トマト缶は200g入りくらいの小さいもので十分。

フライパンにオリーブオイルを大さじ1入れて点火。中火で潰したにんにくを加熱し、にんにく油を作っていく。

みじん切りにした玉ねぎを加え、引き続き中火できつね色になるまで炒める。

トマトを入れて潰しながら炒めていく。鷹の爪の種を取り、細かく砕いて入れ、ブラックオリーブ、黒コショウ少々を加えてよく混ぜる。

別の鍋で湯を沸かして塩小さじ1を入れたら餃子を冷凍のまま放り込み、5分ほど茹でる。この塩味がついた茹で汁を次の過程で使うので捨てないこと。

餃子の茹で汁をお玉に3杯くらい4に入れ、ここからは強火で煮詰めていく。

餃子の湯をしっかり切ってから6に入れ、餃子を壊さないようによく混ぜたらお皿に盛り、お好みでパルミジャーノレッジャーノ・チーズを振って食卓へ。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1230(2022年3月10日)掲載