これは飯テロ

衝撃的に美味い 照り焼きマヨチキン丼

10分£ 1.20

照り焼きチキンをきざみ海苔たっぷりの白ご飯にのっけてさらに甘辛ソースをたっぷりかけてガッツリいただくどんぶり飯。マヨは割愛してもいいけれど、あればコクが倍増して超美味しい。無理にでも元気出したい時にぜひどーぞ!

材料 1人前

  • 鶏肉(皮つきもも肉が望ましい)…150g
  • 塩こしょう…少々
  • きざみ海苔…大さじ3
  • 白ご飯…どんぶり1杯
  • スプリングオニオン…1/2本
  • 紅しょうが(お好みで)…適量
  • サラダ油…大さじ1
  • マヨネーズ(お好みで)…適量
  • 【照り焼きソース】
  • しょう油…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • 酒…大さじ2
  • 砂糖…大さじすりきり2

作り方

鶏もも肉は厚手の部分に包丁を入れて開き、厚さを均等にしたら軽く塩こしょうをして下味をつけ、5分ほど置く。

その間に照り焼きソースのたれの調味料を合わせておく。砂糖をよく溶かす。

鶏もも肉を一口大に切ったら、フライパンに油を引き、火をつけない状態で皮を下目にして並べて点火し、強火にする。

3分ほど動かさずに炒めて焼き色がついたら鶏もも肉をひっくり返して2分焼き、中火にして2のソースを全部入れる。

鶏もも肉を3分ほど煮詰めている間にどんぶりにご飯を盛り、きざみ海苔をたっぷり載せる。

海苔の上に鶏もも肉を置いたら禁断のマヨを回しかける(カロリーが気になる人は割愛可)。

仕上げに小口切りにしたスプリングオニオンを散らし、フライパンに残ったたれを全部まわしかける。お好みで紅しょうがを飾ったら出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1227(2022年2月17日)掲載