昭和のお味

洋食屋さんの ポークソテー

15分£ 1.50

メニューが多く、手間もかかって大変らしく最近は日本で洋食屋さんが消えつつあるとかで残念。なんでもかんでも合理化されて、いやーねぇ。だったら自分で再現しちゃおう。懐かしい洋食屋さんのポークソテー‼

材料 1人前

  • ポークロイン(100gくらい)…2枚
  • 塩こしょう…各小さじ1/2
  • 片栗粉…大さじ2
  • サラダ油…大さじ2
  • ケチャップ…大さじ2
  • とんかつソース…大さじ3
  • しょう油…小さじ1
  • マスタード(お好みで)…適量

作り方

ポークは縮むのを防ぐため、丁寧に筋切りをする。脂部分も断ち切って縮みの連鎖を防ぐ。お肉部分にも包丁を細かく入れておく。

おまけにテンダライザー(肉叩き器)で叩いてさらに柔らかくなるよう祈りを捧げる。

両面に塩こしょう各小さじ1/2を振ったら5分ほど肉を寝かせる。焼く直前にお肉両面に片栗粉をまぶして余計な粉ははらっておく。

フライパンにサラダ油大さじ2をひいて中火で温めたら、お肉をそっと置いて焼いていく。

裏表、合計6分ほど中火でソテーしたら火を止めて、あとは3分ほど余熱を入れていく。

焼き上がったポークを一口サイズに切る。

ポークを取り出したばかりのフライパンにケチャップ、とんかつソース、しょう油を入れて中火で熱してよく混ぜる。これをポークにかけ、お好みでマスタードをそえれば出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1217(2021年12月2日)掲載