豚の脂とトマトでいただく

ローマ3大パスタの1つ アマトリチャーナ

15分£ 2.50

カルボナーラ、カチオ・エ・ペペと並ぶローマの3大パスタ「アマトリチャーナ」。イタリアのアマトリーチェという町の名前からこの名がついたとか。ローマの3大パスタの一つ、と言っているだけで三本の指に入る美味しいパスタって意味じゃありませんが、素朴で美味しいトマトベースのパスタです。

材料 1人前

  • グアンチャーレ(パンチェッタでOK)…65g
  • スパゲティ(乾麺)…100~120g
  • 塩(パスタ茹で用)…湯の1%
  • トマト缶(小)…200g
  • 白ワイン…200ml
  • 黒コショウ…少々
  • ペコリーノ・ロマーノチーズ…たっぷりと

作り方

本当はグアンチャーレという豚頬肉のハムを使いたいところだけど、手に入らないのでパンチェッタ(イタリアン・ベーコン)を使用。なきゃ英国のベーコンでもOK。

フライパンにパンチェッタを置いて中火で5、6分加熱してじっくり脂を出していく。他に油は不要。

パンチェッタがカリカリになり、脂がタップリ出てきたら、パスタを茹で始める。

2のフライパンに白ワインを足して強火にし、アルコールを飛ばす。ワインが半分以下になったらトマト缶を入れる。

パスタの茹で汁をおたまに2、3杯入れ、加熱してソースを煮詰める。黒コショウをひいて、小さじ1/2ほど加える。

茹で上がったパスタをフライパンに入れてよく混ぜ合わせる。

お皿に盛り、たっぷりのペコリーノ・ロマーノチーズをかけて出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1186(2021年4月29日)掲載