パンチが効いてて目が覚める

ナポリの娼婦風パスタ
スパゲティ・アラ・プッタネスカ

10分£ 2.20

プッタネスカとは娼婦の意。イタリア、ナポリの名物パスタ。名前の由来は諸説あり過ぎで紹介できないほどだけど、目が覚めるほどパンチが効いた、ちょいと病みつきになるパスタ。

材料 1人前

  • スパゲティ(乾麺)…100~120g
  • 塩(パスタ茹で用)…湯の1%
  • オリーブオイル…大さじ2
  • アンチョビ…3切れ
  • プチトマト…10~12個
  • ブラックオリーブ…8~10個
  • にんにく…1~2片
  • ケイパー…大さじ1
  • 鷹の爪…1個
  • イタリアンパセリ…適量

作り方

にんにくは粗みじんに。ケイパーとブラックオリーブ(種なしが便利)は包丁の腹で押して潰しておく。トマトは缶詰(200g)でもOK。

パスタを茹で始める。塩は湯の1%。1リットルなら10グラム。フライパンにオリーブオイルをひいたらにんにく、刻んで種を除いた鷹の爪、ケイパーを入れて中火で炒める。

3分くらいしたらトマトとオリーブを加えて強火で炒める。

パスタの茹で汁をおたまに3杯ほど入れて煮込んでいく。

トマトを潰す。

刻んだイタリアンパセリ(フラットパセリ)を入れる。なければドライパセリでもOK。

袋に表示された茹で時間の終了1分前になったら、パスタをフライパンに移し入れてソースにしっかり絡める。これでアルデンテに仕上がっているはず。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1177(2021年2月25日)掲載