vol.14

焼き牛タン リークとレモンのソース

調理時間:10分

予算:£ 4.50


世界で初めて缶詰を作ったのはイギリスなんですって。ナポレオン戦争の真只中で、やっぱり軍人さん向けだったのね。最初に作っただけあってイギリスは缶詰大国。なんでも缶に詰めちゃう。だからって牛のベロまで詰めなくていいのに!でもせっかく詰まっているから使っちゃいましょ。やっぱ牛タンには塩、ですね。 (ひとりメシ)

材料

牛タン(Ox Tongue)の缶詰 スーパーで£3.50前後

牛タン缶詰 1
リーク 2本
レモン 1/2
サラダ油 大さじ3
ごま油 大さじ1
小さじ1/2
鶏がらスープの素 小さじ1/2

作り方

リークは固い表皮1枚を剥がしてザクザク粗みじん。フライパンにごま油大さじ1、サラダ油大さじ2をひいたら強火でリークを2分炒める。

塩、鶏がらスープのもとを入れ、よく混ぜたら火を止めてレモンを搾る。放置して冷ます。

牛タンを7-8ミリ幅にスライス。フライパンに油大さじ1をひいたら弱火で牛タンを表裏1分ずつ焼く。

牛タンを盛りつけ、リークとレモンのソースをたっぷりかけて出来上がり。ビールやワインと一緒にどうぞ。

このレシピを動画でみよう!

今週の素敵なひとりメシ、「焼き牛タン リークとレモンのソース」の作り方を1分ちょいの動画にまとめました。
日本語と英語の解説がついているので英語の勉強にもなっちゃうスグレものです。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1071(2019年1月31日)掲載