白菜のイスラエル風トマト煮
シャクシュカ風白菜
 

所要時間 35分

ingredient_2people.gif
 

ハリッサ・ペースト
Harissa paste

唐辛子を元に作られるペースト状の辛口調味料で、特にチュニジアでよく用いられる。風味を高めるため、にんにくや、コリアンダー、クミン、キャラウェイ、オリーブオイルなどが加えられたものもある。

白菜
チョリソー
トマト缶chopped tomatoes
ハリッサ・ペースト
チキン(またはベジタブル)固形スープの素
オリーブオイル
塩コショウ

コリアンダー

小1個
2本(100g程度)
1缶
小さじ1
1個
少々
少々
4個
少々


 


白菜はざく切りにし、チョリソーは小口に切っておく。
鍋にオリーブオイルを入れて中火で熱し、チョリソーと白菜を炒める。トマト缶、ハリッサ・ペースト、固形スープの素、塩コショウを加え、一旦ふっとうさせた後、弱火にし、約15分ほど煮詰める。
余熱しておいた小型のスキレット(skillet=鋳鉄製の分厚いフライパン)に②のトマトソースを4等分して入れ、中央をくぼませてから卵を割入れる。
220℃に温めたオーブンで約10分、卵が半熟程度になるまで火を通す。粗みじんにしたコリアンダーをふりかければ出来上がり。


シャクシュカは、本来はトマトソースに卵を入れた料理。今回は、白菜を主役にしてアレンジ。
スキレットの代わりにシズリング・パンやココット(cocotte)容器(小型の円形耐熱性容器。陶製またはガラス製でオーブン料理に使用する)を使ってもOK。

 

 

金澤みずえさん

料理:金澤みずえ
北ロンドンで料理教室をやっています。
日々更新しているブログ、レシピ動画( https://www.youtube.com/c/MizueK)とともにどうぞよろしく。
【ブログ】http://mizue20.wordpress.com 【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2014年3月27日 No.823