冷たくして夏の前菜にもどうぞ
茶巾風卵の餡かけ
 

所要時間 25分

 


 

卵液    

出し
みりん

えび
小柱

餡 
出し
しょうゆ
みりん
オクラ
水溶き片栗
輪ゴム


卵 3個
大さじ3
小さじ1
ひとつまみ
3尾
6個


200cc
小さじ1
大さじ1
2本
適量
3つ


 


卵液の材料を全て合わせる。
えび、小柱、オクラは塩茹でし、えびは半分に、オクラは5ミリの厚さに切る。
器(茶碗など)3つにラップを敷き、えびと小柱を等分に分け入れ、①の卵液を注ぎ、輪ゴムで止める。熱湯に入れ、中火で10分強茹でる。
餡の材料を煮立て、オクラを加え、水溶き片栗でとろみを付ける。
器に卵を置き、餡をかければ出来上がり。


 


③で輪ゴムでとめる際、菜ばしが通るほどの余裕をもたせておき、菜ばしにつるすようにして熱湯に入れると、加熱後に取り出すのが簡単。③では、なべのふちギリギリまでお湯をはってゆでると良い。

 

 

松尾奈々さん

料理:松尾奈々
大阪辻学園調理技術専門学校を卒業した後、同校西洋料理セクションにて勤務。その後、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、香港、米国、英国に暮らす。2016年8月より、ドイツ(デュッセルドルフ)在住。
【お問合せ先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  【ブログ】http://naniboni.exblog.jp/

  2013年6月27日 No.785