つるっと爽やかな食感
シーバスと翡翠なすの梅肉かけ
 

所要時間 15分


 

 


大型スーパーで扱っている
梅干ピューレを代用しても可。
その場合は大さじ2を使用。

シーバス seabass
なす
梅干
出し汁
みりん
はちみつ
片栗粉
しょうがのすりおろし

2切れ
大1/2
大2個
大さじ2
大さじ1
小さじ1
適量
お好みで


 


シーバスはうろこと小骨を取り除き、流水できれいに洗い、皮をはぎ、4~5センチの短冊切りにする。
なすは皮をむき、長さ5センチの拍子切りにし、水にさらしておく。
梅干は種を除いて、包丁でよくたたく。みりん、はちみつ、出し汁を加えて滑らかになるまでよく混ぜる。
多きめの鍋に湯をわかす。
シーバスとなすの水気をよく拭きとり、片栗粉を薄くまぶす。
沸騰した湯に、シーバスを静かに入れ、全体が白くなり、表面につやが出るまでゆで、氷水にさっととり、ざるにあげて、水気をきる。
続いて、沸騰した湯になすも加え、全体が翡翠(ひすい)色になり、表面につやが出るまでゆでる。同様にざるにあげて水気を切る。
食べる直前まで冷蔵庫で冷やし、梅肉を添えて召し上がれ。

 

 

 

 

 

 

料理:中川マキ
子育ての合間にできる簡単でヘルシーな料理を研究中。

  2008年7月10日 No.531